class="plugin-on permanent-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再生ミセスフィクションズ」に演出参加させて頂きます

2015年03月11日 22:09

しばらくぶりのブログだ。
そろそろ日記を再開しようと思いつつまだしていない。

さて、今月末に一本、短編の演出をさせて頂きます。

大変お世話になっている(本当に)Mrs.fictionsさんの短編集公演
「再生ミセスフィクションズ」
の内の一本、
「東京へつれてって」(作:中嶋康太)
という作品を、恐れ多くも演出させて頂くのです。

えっとですね、この、恐れ多い、というのは定型句ではなくて、僕にとっては本当に恐れ多い奴なんですね。
どういうことかと言いますと、
「東京へつれてって」
は、
2010年の「15 minutes made」(←色んな劇団が15分ずつ短編を持ち寄って上演するMrs.fictions主催の大変楽しいイベント。2007年より連綿と続く。僕も何度か出させて貰ってます)
で初演された作品なのですが、
これが、誇張じゃなく、僕が今まで観た短編(演劇)の中で一番面白い作品だったからなのです。
DVDも何度観返したかわかりません。

人様の前では誰かを賞賛こそすれ悪口など決して言わない僕だから、
「け、また大袈裟に褒めやがって、政治家がっ」と思われるかもしれないけど、

同世代で一番才能ある作家の一人(よく考えたら日本語としておかしい)

という形容を用いて勝手に崇めているのは、中嶋くんとS少女のNさんだけなのです。

とてもかないません。

ちなみに、チラシで中嶋くんが

再演理由:初演を観た劇団競泳水着主宰の上野友之氏が「まるで自分が書いたのかと思った」とよくわからない事を言っていたので、ゲスト演出家として再演を打診!(略)

と書いてますが、
初演には、競泳常連だったKさんが出てたりもして、表面的な雰囲気だけで勘違いしたものと思われます。
我ながらアホでした。
これ以降、自分と中嶋くんの才能の違いをしかと思い知らされていく月日だったのです。

とにかくそういう経緯でして、

だから、
初演で完成されてる物を俺が演出し直す必要あるのか?というのと、
DVD観過ぎて台詞の間とかもだいたい覚えちゃってるので、焼き直しになっちゃわないかという不安とがあったのですが、
なかなかこんな機会を頂くことも無いかと思い、
恐れ多くも、やらせて頂く次第です。
(チラシにも書いてある通り、基本的に再演はしない劇団のようですし。)

キャスティングも任せて貰ったので、
自分で力を発揮できるのはある意味ここだけ、と、
正直、競泳の時よりも時間をかけました。

登場人物は男女一人ずつ二人だけなのですが、
競泳のオーディション参加者も含め、たくさんの方をわざわざ呼び出して本読みをして貰ったりして、なんか贅沢な決め方だったと思う。
時間を割いてお付き合いしてくれた皆さんありがとうございました。

藤尾姦太郎くんはもうだいぶ前から知り合いで、アフターイベントには出て貰ったことがあるんだけど、ようやく一緒にやる機会ができた。

橘花梨さんは昨年の「弄ばれて」にも出てくれた、若いけど非常に信頼してる女優さん。

当然、俳優が違えば作品も変わるわけで、実に楽しみな配役ではないかと我ながらほれぼれしております。

戯曲は間違いなく面白くて、尚且つ俳優も信頼できるので、
俺がよほどやらかさない限りは、或いは多少やらかしたとしても、面白くなるはずです。
↑こういうのも、演出家がよく言いがちだけど、本当にそういう気持ちです。

他の三本の作品もきっと素敵だと思われます。

というわけで、長々と書きましたが、是非に。

以下、公演情報↓

Mrs.fictions
『再生ミセスフィクションズ』
2015年3月27日-30日
新宿シアター・ミラクル

■演目
『お父さんは若年性健忘症』
作・演出:中嶋康太
出演:岡野康弘、小見美幸、長谷美希(81プロデュース)

『ねじ式(未来篇)』
原案:夏見隆太? 作・演出:中嶋康太
出演:今村圭佑、岡野康弘、黒川深雪(InnocentSphere/toi)

『まだ僕を寝かさない』
原作:岡野康弘『僕を寝かさない』
作・演出:中嶋康太
出演:岡野康弘、高橋義和(FUKAIPRODUCE羽衣)、野口オリジナル(ポップンマッシュルームチキン野郎)、ひら凌一(劇団ガバメンツ)

『東京へつれてって』
作:中嶋康太 演出:上野友之(劇団競泳水着)
出演:藤尾姦太郎(犬と串)、橘花梨


■日時
2015年3月
27日(金19:30-
28日(土)15:00-/19:30-
29日(日)15:00-/19:30-
30日(月)15:00-/19:30-
※受付開始、開場は開演の30分前からとなります。
※開演5分前までにご来場頂けない場合、キャンセル扱いとなる場合がございます。

■会場
新宿シアター・ミラクル
(東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F)
JR新宿駅東口出口より徒歩約8分
西武新宿駅南口より徒歩約2分

■チケット
前売2,500円 当日3,000円(全席自由・日時指定)

■チケット予約(上野友之ページ)
https://ticket.corich.jp/apply/63394/010

※『再生ミセスフィクションズ』はMrs.fictions初の「本編DVD付き公演」となります。こりっちチケットでご予約の際、郵便番号、住所、氏名、電話番号をご記入頂きますと、今公演の本編をまるごと収録したDVD『お家で再生!ミセスフィクションズ』を後日郵送(送料無料)にてプレゼント!

■Mrs.fictionsHP
http://www.mrsfictions.com

■お問い合わせ
TEL 080-5052-5374(Mrs. fictions)
e-mail info@mrsfictions.com

↑以上であります。

なんか、俺の個人的なことを書いたけど、公演全体のイメージは公式HPにいってパンクなチラシを見て貰えれば一発でわかるのでは、と思います。

ご来場者全員にこの公演のDVDプレゼントっていうのも相当に太っ腹企画(小劇場ではなかなかやりません。恐らくミセスさんの持ち出○……)。ご希望の方は予約時にご住所をお忘れなく。

今年、東京で競泳やるのは夏以降なので、宜しければ「再生ミセスフィクションズ」、是非お越し下さいませ。

本当面白いと思う。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。