class="plugin-on permanent-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわむら

2010年05月06日 02:40

そういえば、劇団競泳水着の劇団員の川村がブログで15MMのトープレのことを褒めてくれて、実際観終わった後も褒めてくれて、初日だったし僕としてはとても嬉しかったし感謝もしているんだけど、

けれども、

本人も書いてたけど、彼女はトープレのあの作品を見て、かなり重要と言うかそこわかってないと何もわからなかったのでは?という部分を全く理解していなかったみたいで、でも作品は凄く良かったと言ってくれて、

ちなみに言うと時間堂の作品に関しても、彼女は褒めつつもあの重要なポイントを理解しないまま観終わったようで、

それぞれの具体的なポイントをここに書くのは、えっ川村さんって……、ってなるからやめとくけど、

今まで僕の中で、劇団競泳水着内で比較的に台本の読解が苦手な女優さんといえばだいたい細野さん(久しぶりに会ったらつるつるして可愛くなってた)だったんだけど、

ここに来て川村もちょっと並んだと言うか、

あ、細野さんは今回はトープレも時間堂もちゃんと理解した上で観てくれたみたいで、

まあ要するに川村に関しては、

その審美眼(センス)は自分に近いものがあるし、ある面では自分より上だし(昔、競泳水着で佐吉賞をとった時の衣装は、クレジットは劇団だったけど実際は川村)、というわけで引き続き信頼しつつ、

読解力に関しては……

という感じでいこうと思う。

いや、嘘です。たぶんあまりにもまっさらな気持ちで、一観客として観てくれたんだと思う、15MMは。

役者としては、初見の本読み段階で既にあらゆる解釈を考慮しちゃえるタイプだと思う、きっと。

そんな読解力抜群の川村も出る劇団競泳水着第十三回公演「女ともだち」、日付変わって本日、顔合わせ。

だー

あー

台本ー
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。