class="plugin-on permanent-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/11/11~17

2013年11月18日 01:39

◆11/11(月)
仮チラを届けた後、
最近調子が良くて逆に心配なので、
公演成功&関係者の無事を祈り、穴八幡に一人お参り。

稽古前に台本を進めて、夜は稽古。
どんどん段取りつけてく。
終わってから、行けるメンツで恒例の餃子・なかよし。

帰宅して、またまた今泉監督の映画「終わってる」。

◆11/12(火)
映画観に行くつもりだったんだけど、結局家で「ジョゼと虎と魚たち」再見。
やはり素晴らしい。池脇さん、良いよなあ。

夜、母が東京に来る。

台本書きたいし、12月も2月も準備がまだまだあるし、3月のIN HERも視野に入れないとだし、
充実してるのですが、もっと時間をうまく使わないとな。

「大佛次郎 敗戦日記」をぱらぱらとめくっていたら、
広島に原爆が落とされた後の新聞、大本営発表では「損害若干」と記されていたらしい。
なんだか今の状況と重ねてしまうなあ。
そして、それが嘘だということも、次郎ら人々は完全に気づいていたことも知る。

◆11/13(水)
日中、天気がよく、家の中にいたのだがやたらのどかだった。
色んなメールを送りながら、
今日も今日とて今泉監督映画。
色んな監督が参加したオムニバス「ヴァージン」の内、「くちばっか」。
いやー、上手いなあ。素敵だなあ。
そしてやっぱり、女優さんが魅力的だなあ。

夜は稽古。
衣装さん&美術さんも来て貰って早速打合せ。
の前に、今回座組みでは初めて、人狼をやりました。
今まで競泳では、俺が台本書けず稽古場に行かないのでその間散々人狼やって貰って、申し訳ない……!
という過去があるので、
今回は台本も書けて演出プランも決まってて、どんどん稽古できる……!と思ってたけど、
初対面同士が多いこともあって、こういうシアターゲームの時間も大事らしい。
ふむ。
稽古後、数名で飲んで帰宅。

こんなことを言うと調子にのってるみたいだし実際のってるんだけど、
正直、あまり苦労もなく台本がスラスラ書けて、それが今までで一番面白い。何これ。

去年、あれだけ机の前にかじりつき、場所変えても何をしても寝てみても一行の台詞すら書けず、ノイローゼになった俺からは全く想像できない。辞めなかった自分に、ただ感謝。

去年は台本書く以外の時間なんてほぼ無かったけど、今は普通に他の作業も連絡もご飯食べたりもしてるしなあ。

この夢のような期間の内に書けるだけ書いておきたい。
ていうか躁なのかな?書けるなら躁でもなんでも良いけど、気をつけよう……。

そして、自分では面白い、と思っているこの作品が、観客には全く受け入れられない可能性も、もちろんある。
神のみぞ知る。
気を抜かないこと。

しかしまあ、個人的には、稽古は非常に楽しいです。

◆11/14(木)
深夜、またまた今泉監督の「こっぴどい猫」。いやなんかもう、面白いのはわかってて、でもやっぱり面白かった。
モト冬樹さんがちゃんとはまってるのも凄いし、小宮さんが、そのままこっぴどい猫なのも素晴らしい。
メイキング見たら、シナリオは毎回当日になって監督が持ってきたらしく、
相当なリハーサルを重ねた後に撮っているのかと思ったので、かなり驚いた。

◆11/15(金)
夜、神楽坂のスペイン料理屋にて、母+従姉二人と食事会。
美味しかった。喋った喋った。

こんなに、早く稽古したい、とか、早く本番やりたい、と思うのは初めてだな。
薬を使わないでハイになってる感じ。
仕事進むならハイでもなんでも良いんだけど、
何か落とし穴が無いか気を付けないとな。

というわけで、俺はいま完全に調子にのっている。
本当に気を付けよう。

◆11/16(土)
昨日途中まで観た「チェイシング・エイミー」を最後まで観る。
ずっと観たかった映画。
いわゆる、「昔ヤリマンだった彼女の過去を許せるか」問題。
これねー……本当は許すも許さないも無いんだけどね、それはわかってるんだけど、
俺も経験あるけど、こんなことで悩むとか、なんて自分はちっちゃいんだ、っていうのも含めて辛かったなあ。
あの頃に観てたら楽になってたかな。
ただ、主役の女優がそんなに魅力的じゃなくて、そこは残念だった。

昼から稽古。
チラシが出来たのでその受け取り作業なども。

◆11/17(日)
次々回のチラシ打合せした後、夜は緑茶麻悠ちゃんの展示&上映会に行ってゲストとしてトークもさせて頂く。
武蔵小金井なんて久しぶりに行ったなー。
あと何回くらい行くのかな。
その後数名で車で移動して飲む。
結構遅くまで。

そうだ、今日は某所でたまたま、昨日の「昔ヤリマンだった彼女の過去を許せるか」問題が話題に出た。
よく「男は初めての男になりたがる、女は最後の女になりたがる」というのがあって、
これが全員に当てはまるわけではないし、俺もそうではないんだけど、
ただ良い悪いではなくそれを求める男の人はたくさんいるんだなあ、と言うのと、
やっぱりいまだに世間では、男は遊ぶのが甲斐性で、女は貞淑であれ、という価値観が根強いとも思う。
矢口真里さんなんて、男だったら絶対あんなに叩かれないもんな。

◆今週の写真

・餃子なかよし
IMG_1475_Resize.jpg

・人狼
IMG_1478_Resize.jpg

・打合せする演助二人
IMG_1476_Resize.jpg

・食事会にて従姉と
1459072_626171127426240_871988152_n_Resize.jpg


あと今週は、とある不倫とその周りの諸々の話を聴いた。
やっぱり、現実の話が一番面白い。
かなわない。
そんなの絶対に思いつかない、というような台詞や展開の宝庫。
こういう話を聴いたことが自分の中のどこかに溜まり積もって、台本になったりならなかったりするのでしょう。
やー。

ところで最近は、
仕事と、女の子と遊ぶことさえあれば、それで充分という感じ。
その割合も8対2くらいで全然良い。
ちょっと遊んで、あとはひたすら台本書いてたい。
ついこの間までは考えられなかったな。

そして、台本が順調な原因は一つではないと思うけど、ある程度規則正しい生活をする、ということと、結構がっつり昼寝をする、というのはかなり大きいのではないかと思ってる。
とは言え今週は昼寝をする暇も無かったけど。

今週もお疲れ様でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。