class="plugin-on permanent-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/10/7~13

2013年10月15日 23:59

◆10/7(月)
打上げ明け。
美容院行って、次に出て貰う女優さん二人とそれぞれ打合せ。
楽しみ。
お一人はもうだいぶ前からの顔見知りだけど、まさかこの人に、劇団競泳水着に女優として出て頂くことがあるなんて全く想像していなかった。
人の縁とは不思議なものだ。

◆10/8(火)
昼、次にお願いするスタッフの子と銀座寿司ランチ&打合せ。
その後、王子小劇場に移動して20歳の国観劇&アフタートーク。
トークでは色々言ったけど、面白かったし、これからが楽しみだし、自分が竜史にかなわない所も多い。
次の競泳でパクリたいことも色々。
俳優さんも皆良かった。

更に三鷹に移動してシンクロ少女観劇。
素晴らし過ぎて、思い出すだけで目頭が熱くなる。
ほとんど神話。
演劇で純粋に感動することがあるとは思わなかった。
人生で初体験かもしれない。
つまらなかったから、ではなく、良過ぎて、終演後に誰にも挨拶したくない気分、というのを初めて味わった。

その後更に、終電まで馬場で軽く競泳打合せ。

色々あったんだけど、とにかくシンクロ少女の余韻が消えない。
圧倒的。

◆10/9(水)
Mrs.fictions観劇&アフタートーク。
昨日のシンクロ少女があったので、ハードルあがりきっている、というか、トークに心こもらなかったらどうしようなんてなめた態度でいたら、なんとこれまた本当に素晴らしく、トークには泣きながら出るという大失態。
やってしまった。
いくらでも語りたい。
寡作の天才・中嶋くんが自分を絞り切って書いた傑作。
それを中心で体現する岡野くん。
絶妙に支える今村くん。
良いチーム。それが大学同期って羨ましい。

しかし、映画ならいくらでも感動したり泣いたりあるけど、芝居ではない。
そもそも職業的に、凄いな、と思うことはあっても、純粋に感情移入できるはずがない。
特に物語がある芝居なら尚更。

それが二作品続けて……自分が情緒不安定かと心配になるけど、そういうことじゃないと思う。

終演後、近くのファミレスでJさんと打合せ的なお話を色々。
久しぶりのイニシャルトーク。

◆10/10(木)
暑かったらしい。あんまり実感なかったけど、そういや半袖半ズボンだった。
最近はもう、季節感とかめちゃくちゃなんですかね。

一日家にこもって諸々の作業。
土曜から三重と大阪なので、今日明日でやれることはやらないと。
時間の大半を諸連絡にさく。
連絡は、仕事の中心、ではないけど、仕事の環境作りの為に欠かせないことであり、だからこそ……
……もっと書く方に時間まわせなかった言い訳です。

とにかくやることは次から次にあって終わらん。
でもほとんど、自分からやりたい!と言ったこと。
だから幸せなのでしょう。

◆10/11(金)
昼に渋谷で女優さんと打ち合わせた後、
とある結婚式の出し物の作演?を担当することになったので、
ランチがてらその打合せをして、
帰って、
あとはひたすら作業&執筆。
次回公演も次々回公演も、なかなかになかなかなことになってきた。
嬉しい。
早く全部決まって情報公開したい。
しかしここは焦らず、虎視眈々と。
明日からの旅の荷物とか何も用意してないけど大丈夫か。

◆10/12(土)
明日からのインハーオーディションの為に秘書ちゃんと西へ移動。
まず、名古屋により昼ご飯を食べ(よく考えたら人生初の名古屋)、
更に三重に移動。

駅前で、85歳のおばあちゃんに話しかけられる。
完全にカップルと勘違いされ、「彼女、別嬪さんだねえ。とられないように気をつけなよ」と三回言われる。
あとおばあちゃんは昔相当遊んでいたらしく、
「あちこちに子供を作ってね」→男じゃなく女の台詞です
「県庁で働いてたんだけど仕事終わるとすぐに男探し」
極めつけは、
「子供は十一回はおろしたね」
「お医者さんに、こんなに子供おろしてたら化け物になるよって言われた。実際いまは(歯が抜けて)化け物みたいになっちゃった、あっはっは」
っていやいやおばあちゃん!
子供を十一回もおろすって……三回目くらいからは虫歯と同じような感覚にでもなるのだろうか。
命の不思議。

今の若い子は性が乱れてる、なんていうけど、おばあちゃんの諸々は戦後すぐからの昭和の話だ。
色々ビックリ。

そんな衝撃もそこそこに、あけぼの座とスクエアと三重文を見学させて頂く。
ようやく三重を見ることができた。
三重文の松浦さんにはご紹介からご案内、車での送り迎えと、何から何までお世話になりました。
本当に感謝。

そして大阪へ。
たこ焼きを食べ蓬莱の肉まんを分け合い、笠原さんと合流して串カツ。
いきなり初日から満喫。

友達の家に泊まる秘書ちゃんと別れ、僕はお世話になるマンション(わけあって部屋は空、寝袋を借りて寝る)に到着。
充実した一日。
すぐに爆睡。

◆10/13(日)
「IN HER THIRTIES」オーディション一日目。昼夜の二回。

三日間、全50名から10名を選ばなくてはいけない。
初日から、凄く充実したオーディション&魅力的な応募者の方ばかり。
これは選ぶの大変だ……。

秘書ちゃんはこの日の途中で先に帰京。サンクス。

夜はスタッフさんと顔合わせを兼ねた飲み。
やたら美味い地鶏。
毎日飲んで食べて。
今日も帰宅後すぐに爆睡。

◆今週の写真
001_Resize_20131012004556881.jpg
Mrs.fictionsの中嶋くんと。
なんと天才作家は制作も兼ねているので、初日あけてからは受付で当日運営もしているのです……底知れない。

今ネット環境良くないので、オーディションのことなどはまた来週。
ひたすら、シンクロ少女とMrs.fictionsの余韻が残る一週間。
本当に素晴らしかった。
今週もお疲れ様でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。