class="plugin-on permanent-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/8/19~25

2013年08月25日 23:59

◆8/19(月)
発熱。38℃。
いやいやわかってますけど。
裸でクーラー消し忘れたまま寝たらね。
喉は傷めるし鼻炎も誘発しますよね。
だからって二ヶ月で二度も熱だすってさすがにどうよ。

真面目な話、自分が熱いんじゃなくて世の中が暑いんだと思って、
最初はいつもよりクーラー強めにしたりしてた。
夜になってようやく、自分が熱だしてることに気づく。

◆8/20(火)
前回の教訓により病院へ行き薬を貰う。
安静。
そんな暇ないんだけどなあ。

そんな時にちょうど読んだのが内澤旬子「身体のいいなり」。
健康とか病気とか命とかについて、不思議な距離感で考えさせられたなあ。
あと女性のおっぱいについても改めて色々考えた。
(乳がんについてのエッセイ。)

◆8/21(水)
吉祥寺にある、漫画とコラボ?してるカフェで打合せ。
次々回公演のキャスティング、ついに、ついに形になりつつある。
やたー。

その後、一人で作業しようとするも体力が続かず。
ザ・病み上がり。
頼むよ自分。

◆8/22(木)
昼から小松台東さんで脚本・演出させて頂く短編の稽古初日。
主宰の松本さんとしのぴー以外は七月のオーディションに来てくれた人たち。

本読みして、宮崎弁に直せるか試したりもする。
小松台東、という団体名は松本さんの出身地(宮崎県)の町名からとっていて、
小松台東さんの公演はいつも宮崎弁。
で、僕の短編は勝手に「小松台東町」を舞台にしたので、
せっかくなので宮崎弁にしましょうか、という試み。

九州出身者も多いし。

方言芝居をやるのも初めて。
楽しみ。

物語は、香港旅行の際に、知り合った九州出身の若者(バックパッカー)が飲みの席でふと漏らした、なんてことはない一言から思いついた話。

とても気に入っていて(ラストだけまだ書いてないけど)、自分の中ではキャラクターも世界観も珍しく最初からはっきりしてるんだけど、
まずはこれをキャストと共有できるか、
そしてお客様に届くか。
頑張ります。

稽古後、松本さんは別チームの稽古に移動(お疲れ様です)、残ったメンツで軽く飲み。
四月に鹿児島から出て来たばかりの折田君(東京初舞台)の酒飲みぷりなどを話して解散。

Ank&小松台東の同時進行が始まりました。

◆8/23(金)
ゴールデン街劇場にてチェルフィッチュ「女優の魂」観劇。

夜、秘書ちゃんと今後の公演の打合せ。
に伴って、某再演のキャスティング話。
俳優を優先するか、時期を優先するか、悩ましい。

◆8/24(土)
先週に引き続きTPD「1×0」エピソード2観劇。

◆8/25(日)
やー、夏風邪は長引くなあ。
というより、治ってるんだけど体力が戻らず眠くて眠くて。

レティクル東京座を観劇。
マインド的には柿やバナナの流れになるのかな?
僕は好きです。
ただ、脚本・演出がやりたいことに対して、熱量や技術を持った俳優がもう少し揃っていると、もっとレベルが上がるのかな、とは思った。
かと言って出ていた役者さん達に悪い気は何もせず。
あと字幕を多用してるんだけど、映写の関係で読みづらいのは、あれはわざとなのかな?
どっちにしても面白かった。
本編?が終わった後のラスト十分間、歌って踊っての時間で突然前列の女の子たちがギャーギャー騒ぎだして最初はポカン、だった。
BLネタがわかっていればもっと楽しかったのかな。
でも自分もサイリウムふって充分楽しんだ。
終演後に出演者の星ちゃんが泣いていて、千秋楽終わりに感極まってる?子を久しぶりに見たけど良いものだった。

その後移動して、小松台東の稽古二日目。
後、鉄板焼き。
後、外でちょっと飲む。

更に、Nちゃんの家に行って、録画失敗した分のあまちゃんを見せて貰う。
もう一人のNも来ていてちょっと喋って深夜に帰宅。

◆今週の写真

・小松台東

003_Resize_20130827003345fad.jpg
004_Resize.jpg
007_Resize.jpg
005_Resize.jpg

風邪ひいて寝てると一週間もあっという間だ。
夏も去りゆく……のかな?
今週もお疲れ様でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。