class="plugin-on permanent-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/7/22~28

2013年07月29日 13:45

◆7/22(月)
お、今週書けばとりあえず一ヶ月は日記続けてるな。

なんの脈略もないけど、僕は久しぶりの人に会うとだいたい言われるのが、

「顔(雰囲気)変ったね」
「痩せた?」

で、ひどい時には名乗るまで気づかれない。
(親しくない相手じゃなく、そこそこ仲良しの人でも。)

これは前から自分でも思ってたんだけど、恐らく僕は、
顔が安定していない、
んだと思う。

加えて、髪型、髭、眼鏡、服装、精神状態でかなり印象が変わるらしい。
似てると言われた有名人の幅が広すぎることからもそう推測される。
(エスパー伊東からキアヌ・リーヴスまで。)

で、先日の飲みでもそういう話をしていて、
顔(の印象)が安定しきっている人の代表例としてトム・クルーズ、
逆に僕と同じ?ように、顔(の印象)が定まらない人の代表例として椎名林檎さんの名前をあげて、
自分でも妙に納得したのでした。

あ、でもトム・クルーズも「トロピック・サンダー」ではだいぶ違ったけどね笑

ちなみに記憶にある限り、人生で一度も「太ったね」と言われたことが無くて、
「痩せたね」とだけ言われ続けている。
その言葉通りなら今頃僕の体重は20キロくらいになってしまうぜ。

本当にどうでもいい話でした。

夜、声を出すと気持ちいいの会、観劇。
前に観た時も思ったけど、現実の(最近の)事件を題材にすることは率直に言って難しいという感想。
というか、感想がなかなか持ちにくい。

その後、武子くんが美食部の時に置いて行った調理道具を取りに我が家へ。
ついでに一杯だけ飲もうか、と言ってたのが、結局深夜2時過ぎまで五時間越え。

・未来の理想のキャスティング
・劇団競泳水着についての相談(武子くんが湯水のようにアイディアを出してくれる)
・最近おすすめのyoutube
・恋バナ
・落語について

などなどを話しまくる。
武子くんもだいぶ酔っ払ってました。

僕は演劇のサークルや学校に入った経験がゼロなので、同期も先輩後輩もいないのですが、
演劇始めた時にどこかに入ってたなら、凄く気の合う仲間と未来を語り合うのはこういう感じなのかなと思った。

ただ、本当に二人が付き合ってる疑惑が流れそうで、ふざけて撮った写真がマジでその疑惑を煽りかねないものだったので、twitterにあげるのは自粛した。

昨日に引き続いてノリが完全に学生モード。

劇団のアイディアも、武子くんとの企画も、実現させたい。

◆7/23(火)
凄い湿気。

原因不明の偏頭痛にやられる。

「007 スカイフォール」を何回かに分けて再見し始める。最初は映画館で観たけどやはりこの映画は本当に面白い。

映画としても、ボンドシリーズとしても抜群じゃないかな。

町山智浩氏の指示に従い、ちゃんと予習で「007 ゴールドフィンガー」観ておくと倍楽しめます。
これから「スカイフォール」観る人は必ず先に「ゴールドフィンガー」観ましょう、これ絶対。

語り出すと止まらないのでまた観終わってから。

深夜に、劇団のことで主にデザイン部門のスタッフさん達とSkype三者打合せ。
便利な時代だ。

夜遅くまでありがとうございました。

◆7/24(水)
昨日に引き続き「スカイフォール」。

この映画には明らかに「世代交代」「新旧対決」というテーマがある。

デジタルとアナログ、現代と過去、新しい人間と古い人間、新しい武器と古い武器、新しい戦術と古い戦術、
そして新しいジェームズ・ボンドと古き(良き)ボンドシリーズ。

この映画のボンドは古い世代、追いやられつつある側にいる。
スパイの適性試験で不合格の数字を出したりもする。
「ゴールドフィンガー」観た後だけに、ただただマッチョで悪くて女好きな初代ボンドとの差が際立ちます。
ショーン・コネリーのボンドは弱さとか葛藤とか、たぶん内面すらもゼロに見えるもんな。

デジタルを駆使した戦いで幕を開けながら、最後はホームアローンばりの手作りな戦いで敵に挑むボンド。

50年の歴史を誇るボンドシリーズへの、客観的な批評性に裏打ちされた、最大限のリスペクト。

うーん、良い。

役者も皆良いけど、Q役のベン・ウィショーという人が最高、と思ったらこの映画で腐女子に大人気らしい。
たしかに、これほど正当なぼさぼさ頭&眼鏡&細身&使えるオタクはいないかもね。

あと劇中に登場する、「千と千尋~」を思わせるようなマカオの水上ホテルはマカオパレスというらしい。
沢木耕太郎氏が「深夜特急」ではしごするカジノの一つでもある。
マカオは春に行ったばっかりなのに、ここは行かなかったなあ。先に観とけば絶対行ったのになあ。

そうだ、ブログをやり直したのには、映画について語りたい時はtwitterじゃとても足りないから、というのもあったのでした。

夜は、昔のバイト先の人たちと新宿の某手羽先店へ。
久しぶりだったけど、やっぱり美味しいけど、接客がイマイチ。

結構早くから飲み始めたので、帰ったら仕事するつもりが、結局終電まで。
タクシーで帰る子も。
バイトしてた当時は積極的に交流してたわけじゃないんだけど、長くいたこともあり一部の人とは今でも繋がってて、たまーに会う度に盛り上がる。

演劇とは関係ない知り合いと話すのも、生活意識とか考え方が全然違ったりして面白い。

◆7/25(木)
色々書いたりしてたらあっという間に一日が終わった。
気がする。

劇団の今後のことで、信頼できる方々にわりと長めの相談メールを送る。
皆さんありがとうございます。

深夜にマックで作業後、ふと明治通りの交差点でボーっと缶ビール。
こういうことが出来るのも夏の夜。
悪くない気分だった。

◆7/26(金)
久しぶりに「あまちゃん」+「あさイチ」をリアルタイムで。
ゲストの海老蔵さんはあまちゃん初めて見たって言ってました。
あと愛之助さんとLINEしてから来たそうです。

スペインの脱線事故の映像が公開されている。
これに自分が乗っていたらと思うと本当に恐ろしい。
どうしても2005年の福知山線脱線事故を思い出してしまう。
あの時のニュースもよく覚えているな。

昼に、今後使わせて頂く予定のスタジオ見学。
噂通りの素敵空間。
色々やれそうだ。
ありがとうございました。

その後、カトリ企画を観劇。
カトリさんお元気そうで何より。

深夜に某女優と長電話。
散々喋って、全てがここに書けない話題。

更に劇団の次回公演のキャスティング、前進、した、かも……!
これは本当、キャスティングありきの企画なのだが、実現したらと考えるだけでアドレナリンが湧き出てくる奴。
今は何も言えないのだけど、うーん、やりたい。

◆7/27(土)
深夜に興奮したせいでほぼ眠れぬままに午前中から制作塾。
マームの林さんをお招きして。
演劇界にも、世代、というものが間違いなくあるんだな。

その後、高田馬場でかなり重要な打合せを一つずつ。
突然の暴風雨の音を聞きながら。

新生・劇団競泳水着が着々と進行しつつあります。

大事な出逢いとか、オファーとかって、進むときは本当にトントン拍子でいくんですね。
ついこの間までの自分に、今の状況を教えてあげたい。

◆7/28(日)
午前中から制作塾。
ゲストは三重文化会館の松浦さん。
ようやくお会い出来て良かった。
とても刺激的なお話でした。
演劇畑出身ではない松浦さんの、厳しい現実もふまえた上での、「演劇はコンテンツとしてとても強いと思う」という言葉も嬉しかった。

その後打上げで屋上バーベキュー。

ふとした思いつきとタイミングで受講してみた制作塾ですが、大事な気づきと出逢いがたくさんありました。
ありがとうございました。

夜、下北沢で二村ヒトシさんとロバート・ハリスさんの対談。
このお二人と、植島啓司さんを加えた三人が、二十代半ば以降に触れて最も影響を受けている書き手の方々なので、直接お会い出来て本当に感動した。

自宅の本棚の大事な所に並んでいるお二人が、目の前で語り合っていて、勝手に不思議な気分。

終わった後にご挨拶し、写真まで撮って貰う。
ただのファン。

二村ヒトシさんと小林タクシーさん(ツリメラ)の話し方はかなり似ていると思う。
実際にタクシーさんは二村さんの影響を受けてるみたい。
今度三人で飲みましょう、ということになった。

「電車に乗っていると綺麗な子を何人も見つけて、いつも、『どうして俺はこの子と付き合ってないんだろう』と悔しくなる」
「僕も僕も」

という発言が、僕も常に言ってることで、男は何歳になっても変わらないのだと思った。
あと、

「僕達はペニスのあるレズビアン」

という言葉も印象的だったし、たぶん自分もそうなんじゃなかろうか。

とにかく感激の夜でした。
この関係は繋げていきたいなあ。

ここ最近、どんどん新しく出逢っていく。どんどん新しい関係が生まれる。
ここから、一緒に仕事をしたり、ただただ下らない時間を共にしたり、そういうことがまだまだ出来るんだと思うと嬉しい。
今後の展開が、我ながら素直に楽しみだ。

今週の写真。
日記に載せるようにしてから、急に写真撮りたがりになった。
皆さん、煩わしかったらごめんなさい。

◆武子くん

武子くん

……これもちょっと怪しい?笑

◆手羽先

やまちゃん全員

やまちゃん

やまちゃん後

◆制作塾

打上げ

バーベキュー

三好さん
講師の三好さんと。なに俺の顔。

松浦さん
三重文の松浦さんと。

◆二村さん、ロバート・ハリスさんと

二村さん

ハリスさん

僕には昔から、誰と一緒でも「ファンの人」として写真におさまる特技がある。
自分のところの劇団員とですらそうでした。

あと劇団HPリニューアルに向けて昔の写真を整理してるのですが、いやいや懐かしい懐かしい。
十年やってるんだもんな。

今は無きどらま館で(自分も出て)やってた頃。若き日の某舞台監督(漫画読んでばかり)も写ってます。
お互い変わらんね↓

IMG_3478_Resize.jpg

IMG_3598_Resize.jpg

IMG_3496_Resize.jpg

脱線しましたが、今週もお疲れ様でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。