class="plugin-on date-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/5/19~25

2014年05月26日 00:40

◆5/19(月)
高校の友人の佐藤君と珍しく神楽坂飲み。近況を聴く。
刺激を受ける。

ウディ・アレン「地球は女で回ってる」鑑賞。
このあたりのウディ映画はだいぶ前に観たまま内容忘れてるのが多いけど発見があって面白い。
あ、この人も出てたっけ、とか。
ちなみに今回はデミ・ムーアとトビー・マグワイア。そしてロビン・ウィリアムズの使い方が贅沢すぎ。

◆5/20(火)
健康診断。
で行ったセンターの隣に、新宿区の中央図書館が移転してて、こんな所に来たのか(前より近所)と寄ってみる。
健診の為に昨日の夜から食事抜きだったので、このまま24時間食べなかったらどうだろう、と昼も夜も抜いてみたら、
20時間くらい経つ頃にはクラクラしてきて挫折しバナナを食べた。
普段から食べない時は食べないから断食いけそうな気がしたんだけど。

◆5/21(水)
脚本、物凄く基本的なことに気づく。

◆5/22(木)
一週間がはやいと思う。

◆5/23(金)
結果的に飯田橋→馬場で飲む。
泡盛なども飲む。

◆5/24(土)
午前中、ワークショップ打合せ。
ご応募お待ちしております!
http://www.t-miracle.jp/ws.html

午後、ロ字ック観劇。
夜、中野で顔合わせ。から結局飲む。

◆5/25(日)
読んだり書いたり。



先週は朝が苦手だったけど、今週はとにかく目が覚めたらすぐ風呂に入る、ということを(出来るだけ)実行したらやはり一日の時間が増えた。その分、風呂読書時間がかなり伸びた。
朝起きた瞬間に気分が滅入っていても、風呂に入ってしまえば通常に戻る。
目が覚めたら起きること。
このシンプルかつ僕にとってはかなり難解なミッションを継続できたら人生変わるはず。

他に観た映画。

ウディ・アレン「ギター弾きの恋」。
今回の、この人出てたんだ、は、ユマ・サーマン。

「グッバイガール」。
最初いがみ合っていた二人が同居するはめになり、やがて惹かれてあっていく……
女には娘がいて……
と、その後の日本のドラマにも影響を与えたのではないかと思われる、77年のアメリカのラブコメディ。
あと、女は過去の経験から恋愛に臆病になってて、新しく現れた男がその傷を癒し心を開かせる、紆余曲折あってハッピーエンド、という話型も典型的で、俺もそれに近い(古臭い)話を何度か書いた気がするけど、
映画の出来とは関係なく(脚本ニール・サイモンだし面白い)、今の時代ではこういう話がヒットする確率は低いだろうな、と思う。
安易な例と分析になってしまうけど、「アナと雪の女王」でも、王子(男)からの求愛の存在価値が低いし。

ソフィア・コッポラ「SOMEWHERE」。これは良かった。沁みた。
ソフィア・コッポラがこんなに素晴らしい監督とは知らなかった。
でも空気感はだいぶ前に観た「ロスト・イン・トランスレーション」にたしかに通じる。
冒頭からラストまで、どのカットにもセンスしかない。クールすぎる。
話らしい話はほぼ無い。
孤独が淡々と描かれる。
うーん。
Blu-rayでもう一度観たい。
「ヴァージン・スーサイズ」と「ロスト・イン~」も観返そうかな。ビル・マーレイ大好きだし。
(観てないけど「マリー・アントワネット」にはひかれない……。)

映画「接吻」……凄い。脚本も演出も仲村トオルさんもトヨエツさんも凄いんだけど、本当に凄いんだけど、
何よりも小池栄子さんが圧倒的すぎる。
日本の女優の演技で一番衝撃を受けたかもしれない。
凄惨な無差別一家殺人を犯した男、ニュースを見てその男に恋をした孤独な女、男の国選弁護人。
この三人の奇妙な奇妙な三角関係。
難しい設定を、抑えた、的確な演出で徐々に積み重ねていく。
そしてラスト……。
小池さんのことは、芸人から村上龍まで「気が利く」「頭が良い」と大絶賛、というのは何となく知っていて、
たしかにバラエティ番組でも立ち居振る舞いが上手い。
しかしこの映画で演じた役は、バラエティでのキャラクターとも、恐らく本人のパーソナリティとも真逆。
にも関わらず、一世一代のハマリ役。
頭が良いからここまでの芝居が出来るんだろうし、それに加えて天才としか言いようがない。
たぶん、バラエティ等の仕事と並行してこの役を演じたんだと思うけど、だとしたらちょっと怖くもある。
色気も狂気もあり、あるシーンでの表情にはゾッとさせられる。
頭が良くてバラエティの才能もあって女優としても天才で尚且つ巨乳。実家も裕福らしい。天は何物まで与えるんだろう。
どんな撮影現場だったのか。DVD買えばメイキングもついてくるみたい。買おうかな。
映画自体も、「接吻」てそこかー!、ここで終わりー!、というエンディングで衝撃的、この興奮をどう表現したらいいかと思って、「ユリゴコロ」の読後感に少しだけ似ているかもと思った。あの、倫理とか理屈を超越した世界。Jさんにもすすめてみよう。
いやあ、凄い映画を観た。知らない傑作はまだまだあるなあ。

しかしまあ小池さんの胸が大きい。
衣装はTシャツばかりなので余計に目立つ。
シリアスなシーン、重いシーンでも、気づくとおっぱいのことしか考えていない自分がいる。
そしてまた映画に引き戻され(面白いから)、更にまた気づくとおっぱいにくぎ付けになっている(大きいから)。
まことに申し訳ない。
巨乳であることは関係なく(本当はある)、映画の中の女性に惹かれてしまった。
殺人を犯して社会的には終わった男。に無償の愛を捧げる孤独な女。
俺は無償の愛を捧げて貰いたいのだろうか。

孤独についてはよく考えるけど、テイストは全く違うも「SOMEWHERE」に続いて、孤独が描かれた映画だった。

今週も映画は当たりが多かった。
「SOMEWHERE」も「接吻」もおすすめです、マジで。

読書は色んな本を同時に読み過ぎて何を読んだか忘れてしまう。
せっかくブログ書いてるし、もっと映画日記、読書日記としても活用して後々の自分用の記録にしたい。

塩野七生「男たちへ」には何度も唸りもっと早くに読んでおけばと悔やみ今だからこそ響くと思う。

「アドラーを読む」では、自分の悪いところを言い当てられる。
流行のアドラー心理学は、浅い自己啓発本からはずっと遠くにある、現実により良く生きる為の実践的な哲学なので、何かしら生きづらいと感じている(ということはほぼ全ての)人は、一度手にとってみたら良いのではないでしょうか。
いわゆる「トラウマを否定する」考え方は、知っておくだけでも何かと違うかと思われます。

他に「戦略読書日記」「三四郎はそれから門を出た」「成りあがり」「ぬるーい地獄の歩き方」、行動経済学の本、など。メチャクチャなラインナップだけど刺激を受けています。
小説と戯曲をもっと読まねば。

今週もお疲れ様でした。
スポンサーサイト

2014/5/12~18

2014年05月19日 16:18

◆5/12(月)
物凄くいい天気なのに物凄く寝坊して反省。
観たかった舞台も観逃した。申し訳ない。

◆5/13(火)
打合せ。
「ブルージャスミン」観る。今回のウディ・アレンも最高です。
夜は小松台東を観劇。自分が説教されてるみたいな内容だったけど芝居は面白かったです。
また偶然会ったW君と飲む。

◆5/14(水)
関東で初の真夏日とかで実にいい天気。
なのだけど朝が辛い。
寝坊、というより、気が滅入る。
昼を過ぎると普通になる。
鬱状態という奴?
だからというわけではなくほぼ一日家にいる。
脚本の構想、時間があるから進むというわけではない。
そしてそろそろ時間がない。
仕事せねば。
インプットと称して絲山さんのブログ日記を読んだり「表裏井上ひさし協奏曲」を読了したり。
深夜、気分転換に散歩。夜になっても暑くも寒くもないいい季節になった。去年のこの時期は楽しかったな、などと思う。

◆5/15(木)
髪切って喫茶店で雑誌読みながら書いて靴買って、
夜はOさんが家に来て男料理を作ってくれるという、謎の男二人家飯会。
愛しのご近所T君が引っ越すということで傷心の俺の穴埋めOさん。
結果的にテーマは「ごま油大活躍」。
メニューは、

・豆腐の昆布の佃煮のせ。
レシピ→豆腐に昆布の佃煮をのせる。★ごま油をかける。

・卵黄納豆。
レシピ→納豆を混ぜて卵黄を入れて混ぜてごまとのりをかけて混ぜる。★ごま油もかける。

・ちくわとキムチのユッケ風。
レシピ→ちくわを適当な大きさに切ってたっぷりのキムチと卵黄とちょっとだけポン酢をかけて混ぜる。★ごま油も入れる。

・鶏むね肉のステーキに、特製食べるドレッシング和え。
レシピ→①玉ねぎを粗いみじん切りにして、オリーブオイルで辛みを飛ばす程度に炒める。
②パプリカとトマトを小さいブロックに切る。
③醤油2、お酢2、オリーブオイル1の割合に混ぜて練りしょうがを混ぜる。①②を入れて混ぜる。

鶏むね肉をオリーブオイルで火が通るまで焼く。
↑①~③で作ったドレッシングをかけて完成。

・牛もも肉のガーリックステーキ。
レシピ→もも肉を食べやすい大きさに切ってニンニクを小さめに切って塩こしょうオリーブオイルでミディアムレアで塩コショウで焼きわさび醤油で食べる。

惣菜で買ったわかめサラダも一緒に。
わかめは健康にいいらしい。

……ごま油どんだけー!
という感じだった。
家にごま油あるのに全然使ったことなかったけど、こんなに活躍するものなのか。
なんでもかけるだけでいいんだ。

一手間加えるかどうかで食事って全然違うんだな。
参考にしよう。
ちなみにOさんはダイエット中なので鶏むね肉や牛もも肉などカロリーが低い肉ばかり選択している。

いい季節になってきたし、皆さん家飯会しましょう。

その後二人で「舟を編む」を観る。実に素晴らしかった……。

そしてリアル脱出ゲームTVを二人で見てまんまとひっかけに陥る。

結局Oさんは泊まって明け方までコンプレックス等について語り合ってから寝た。

◆5/16(金)
Oさんは朝起きて一緒にメルシー(ラーメン)食べてから出勤していった……彼女か。

新しく出来る時間堂のスタジオを見せて頂く。
赤羽という地名から想像してたのと全然違う空間。いいなあ。

夜はAnK観劇&アフタートーク。
凄く普通の質問でトークを終わらせてしまった……反省。
あきちゃん、進化している気がする。
応援しています。いつもお世話になっています。去年出させて貰ってから半年以上経ったのだな。あの現場も楽しかった。
飲んで帰宅。

◆5/17(土)
タリーズで粘って書く。
T&Qコンビが東京来てて恵比須で飲んで、
更に深夜、K&MさんとRちゃんの働くゴールデン街で飲む。
インハーの人たちづいた夜。
なんか楽しかった。
改めていい現場だったというか、必要以上に良くして頂いたなあ。

◆5/18(日)
実にいい天気の日曜日。
どこか行きたい気持ちを我慢。

「さらば冬のかもめ」観た。お気に入りロードムービーに加わる。ラスト、安易に救わないのが意外だったけど良かった。
ジャック・ニコルソンが好きだ。

ウディ・アレンは過去、ジャック・ニコルソンやデ・ニーロ、ダスティン・ホフマン、デニス・ホッパーにもオファーして、結局実現しなかったらしい。
ウディは基本、アクターズスタジオ・メソッドを好む人ではないはずなので、そんな話してるのか!と驚いたけど、
ウディ・アレン×ジャック・ニコルソンなんて、是非観たいものだ。
二人とも生きてる内に……無理かな。
ちなみにジャックにオファーしたのは「ハンナとその姉妹」でマイケル・ケインがアカデミー賞獲った役。ジャックでも観てみたい!



一週間、天気がよくて一年で一番いい季節かもしれない。
なのに。朝起きた時の落ち込みと、それによる時間の浪費を無くしたい。
基本的には仕事を頑張ればいい、はず。

「テレクラキャノンボール2013」も見た。
一応AVだけど、実質は優れたドキュメントバラエティ。めちゃイケでもオマージュ企画やったらしい。
これ借りる為に久しぶりにツタヤのAVコーナー入った。(日常生活でAV見るのは本当にネットだけになりましたね。)
十時間あるから飛ばし飛ばしだけど、普通のAVみたくセックスシーンまでを早送りするのではなく、寧ろそこに至るまでを見る。

読んだ本は松尾スズキ「老人賭博」、絲山秋子「北緯14度」などかな。



久しぶりに写真。ゴールデン街。
S__11321350_R.jpg

今週もお疲れ様でした。

2014/5/5~11

2014年05月13日 00:32

二週間更新②。

◆5/5(月)
早朝に地震。あまり揺れなくてすぐ寝た。
20歳の国とうさぎストライプ観劇。久しぶりの春風舎。

◆5/6(火)
今年はゴールデンウィークが6日までだったんですね。
Nちゃんと神楽坂ミーティングしたのはこの日かな。

◆5/7(水)
書いてたのか?

◆5/8(木)
同上。

◆5/9(金)
同上。

◆5/10(土)
二月公演の衣装を今更返した。

◆5/11(日)
夜はJさんと東中野で飲んで芝居の話とか本の話とかする。
Jさん(俳優)は居酒屋で一人で読書したりするらしい。稽古期間は台本も。それもいいな。
沼田まほかるの「ユリゴコロ」がいかに凄いかを語り合い、
窪美澄さんと絲山秋子さんをすすめておいた。


絲山秋子さんの本を全部揃えることにした。
今週読んだ(読み返した)のは「イッツ・オンリー・トーク」「袋小路の男」「ニート」「不愉快な本の続編」。
素晴らしいなあ。
絲山さんのHPで日記も読み始めてしまった。2003年からだから結構ある。
絲山さんが新人賞を獲ったのがこの年で、デビュー前の投稿の日々が綴られていて、
自分も今コンクールに出そうとしているので勝手に重ねている。頑張る。

東村アキコさんがツイートしてた海外ドラマ「ホームランド」観ている。
おんもしろいっ。クレア・デーンズ久しぶりに見たけどこんなになってたのか。

アメリカのドラマや映画って、数年前の政府や軍やCIAの暗部を普通に取り上げる。
日本だとなかなか出来ないし、凄いなと思うんだけど、
ここまで見せちゃっていいのってのもあるし、
このディティールを成立させるには政府や軍の協力もあるんだろうし、
現実に中東その他で誤爆して民間人を殺したりしてて、
それに対するかなりストレートな批判を物語にして、
その距離の取り方が感覚としてよくわからない。
まあでも面白いです、本当に。

あと「まどマギ」見はじめた。皆が騒いでた三話の衝撃をやっと体験。このジャンルの定石がわからないから、これがどれくらい衝撃なのかがわからなかった。色んな人が激賞してる劇場版まで脱落せずに見たい。

窪美澄さんの「雨のなまえ」読了。聴いていた以上に暗かった。

他に印象に残ってるのは、

「私とは何か―「個人」から「分人」へ 」by平野啓一郎。
分人、という考え方がしっくりくる。
対人関係で悩みがある人は読んでみて損はないと思う。
パーソナルな範囲の話が、徐々に社会的な問題に視点がうつっていく構成にも唸った。
平野さんの小説を読んだことはないが、文章を読んでいて本当に頭が良い方なんだと思った。
小説も読んでみたい。

つくづく思うんだけど、ドラマでも本でも、話題になってる時から二段階くらい遅れた時期にはまるんだよな。

「表裏井上ひさし協奏曲」。
陳腐な言葉だけど、作家の業とその家族、としか言いようがない。壮絶。
これは「許して欲しいの」書く前に読んでおくべきだったかも。

「姉の結婚」七巻。
実に素晴らしい。漫画読んでて泣きそうになる。

代表作ではないウディ・アレンの映画をちょこちょこ観直したりもしてる。
図書館にもよく行く。

傍から見たら暇な学生か病気で休養中の人みたいだが、俺は学生でも病人でもない。
無職、が一番近い。

競泳のことも速く進めなきゃ。

今の時期のことは、くすぶってたなあ、と思い返すことになるのだろうか。

この日記は誰が読んで下さっているのか、でも当初の予定通り、自分の為にはなっている。

今週もお疲れ様でした。

2014/4/28~5/4

2014年05月12日 21:50

また二週間更新①。

◆4/28(月)
昼。ズッキュン娘を観劇。藤吉みわちゃんは本当に頭がおかしいと思う。
夜。本多劇場で「死神の浮力」。ドラマリーディングという不思議な形式。死神シリーズは「死神の精度」しか読んでないけど、ふかわりょうさんが死神役にぴったり。
帰りに下北沢の本屋B&Bも寄る。ビールが飲めたり毎日イベントをやったりもする個性的な本屋さん。
こういう「場所」を作ることに関心がある。

今更、「半沢直樹」を見始めて、一話目だけで面白さにハマる。

◆4/29(火)
世間は休日。

◆4/30(水)
映画観るはずが満席で国立新美術館へ。

四月が終わる。四月の非生産性がヤバい。

◆5/1(木)
ここから書いてなかった。
うーん、何をしてた。んだろう。

あ、ギンレイホールで「ビフォア・ミッドナイト」観た。
映画はヒリヒリした。
このシリーズ観はじめた時から今までの自分の成長してなさを思った。

◆5/2(金)
この日から、採用されるかどうかわからない脚本を書こう。
と思っていたらなぜか熱出た。
夜には治った。

◆5/3(土)
ゴールデンウィークに関わらない感が凄い。
吉祥寺に行って喫茶店で書いたはず。

◆5/4(日)
今月唯一と言ってもいい遊びの予定、リアル脱出ゲーム in 横浜スタジアム with 進撃の巨人。
晴れて良かった。
久しぶりの横浜。
ゲーム前に皆で中華。
女性陣大活躍で、男性陣(俺とOさん)は全く役に立たずただ着いていくだけ。
残念ながら最後の問題を解けず脱出失敗。

予習の為にツタヤで借りた「進撃の巨人」面白い。
三巻くらいまで買っててそのまま読んでなかったけど、こんな展開になってたのか……。



あと「キャビン」を観たのは今週か。
本もたくさん読んでいる。
窪美澄さんの著作は全部読破しようとしている。
ミア・ファローの自伝も読んだな。ウディ……。

今週もお疲れ様でした。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。