class="plugin-on date-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/4/21~27

2014年04月28日 02:13

◆4/21(月)
雨。
池袋でKさんと飲む。定期的にやりたい。

◆4/22(火)
今年の打合せを兼ねて渋谷でMくんと飲む。
途中からSりんも合流。
二軒目はハイボール130円の店だった。
渋谷にこんな店あるんだね、と言ったら、
Sりんが、税金対策じゃない?
と言った。
定期的にやりたい。

◆4/23(水)
芸劇で範宙遊泳を観劇。
プロジェクターを多用する手法になって初めて生で拝見。
まだ感想をうまく言葉にできない(良い意味で)。

◆4/24(木)
窪美澄「晴天の迷いクジラ」読了。

代官山で、笠原さんプロデュースの一人語りを拝見。
後、笠原さんとインハーの二人打上げも兼ねて香港料理。もう一か月経つんだもんなー。
ツアーの相談などもする。

◆4/25(金)
たぶん5時くらいに目覚めたので、布団の中でぐずぐずしてた時間があっても尚、午前中を有効活用した気分。
天気も良かった。

台本を考えつつ、そもそも今年何本書かなくてはいけない/書くべき/書きたいのかをリストにして考えつつ、
ツアーのことをLINEで打ち合わせなどしつつ、

夕方から思い切って早稲田松竹でロウ・イエ三本立て。
一番最初の「ふたりの人魚」がとても良くて、その後は個人的にはピンとこず。
血が出る、特に手首を切る系のシーンは苦手だ。

更にツタヤで準新作が安かったので、DVDを大量に借りる。観れるのか。
溢れるインプット欲。

◆4/26(土)
東京に来てる親友・トリーちゃんとランチ&お茶。
渋谷から原宿あたりを歩く。
凄く気持ちの良い春の天気だった。昼からちゃんと外を歩いたので特にそう思ったのかもしれない。
そうか、世間的には、ゴールデンウィーク始まりの方もいるのね。
その後、銀座に移動して顔合わせ?打合せ?的なこと。
合間に色々本を読んでいる。

全くどうでもいい、日記に書くようなことでもないのだが、
十代の時だけ、彼女と赤ちゃん言葉で喋る時があった気がするのだが、
あれは一体どういうことだったんだろう。
我ながら気持ち悪い。
今では考えらない。(とか言って無意識に出てたりしたら怖い。わんわん、とか言う時はある。)
世間には猫語で語り合うカップルもいるらしい。
若気の至りということか。
更に思い出したけど、福山雅治さんも彼女に赤ちゃん言葉で話すことがあるとテレビで言っていた。

こういうどうでもいいことはだいたいシャワー中に思いつく。
風呂場読書で「福翁自伝」を読んだ直後だったのに、低俗でごめんなさい諭吉先生。
福翁自伝、めっぽう面白いというか、諭吉さん、結構ひどい。

◆4/27(日)
今日も春の陽気なのにほとんど家にいて、
それも嫌で夜にCちゃんと新宿三丁目の老舗焼き鳥屋さんで飲む。
上野さんブログ読むと飲んでばかりですね、と言われる。
申し訳ない。

「福翁自伝」、若き日の福沢諭吉先生は、塾生仲間と悪さのし放題。
信心深い友人に、本人の偽の位牌を作ってからかってキレられたり、
飲食店に行けば毎度のように皿を盗んだり、
通りがかった舟に橋の上からその皿を投げつけたり、
しまいには友人に鯛と偽ってフグを食わせて、後になってこれはヤバいかもと心配したり、
悪戯なんてもんじゃなくて乱暴狼藉、わりとシャレにならないこともやっている。
それでいて、

私は本来かりそめにも弱い者いじめをせず、かりそめにも人の者を貪らず、人の金を借用せず、ただの百文も借りたことはない。そのうえ、品行は清浄潔白にして天地に恥じず

とか言っちゃってる。

深夜、「別離」を観る。
うーん、これは凄い。
久しぶりに映画を観て興奮したし衝撃を受けた。

とにかく脚本が素晴らしい。
全登場人物の思惑のベクトルがそれぞれ違うこと、
嘘(真実)を誰が知っているか知らないかの階層の描き方と、観客への明かし方、
脱帽。

改めて脚本の構成を書き出してみよう。
これはシリアスなドラマだけど、構成自体はコメディにも応用できそう。

しかし切実な映画だなあ。
あまりにままならない、やるせない現実の連続。
観ている内に多くの人が、自分だったらどうするだろう、そもそも何が間違っていたのだろう、と考えると思う。
安易に希望を提示しないラストも良い。

どの国でも、男の見栄やプライドが不幸を招くのか。身につまされた。
そして親に翻弄される子供たち。
子役も実に実に素晴らしい。

ちょっとネタバレだけど、証言する時に「~に誓って」というけど、
イランでは神(コーラン)に誓うことになる、
ここで偽証をすることは、災いを招くと信じられている。
そこが物語の最大の葛藤に繋がるんだけど、
絶対神のいない日本で同じ物語を作るとしたら、ここに代わりに入る要素は何になるのかなあ。

この監督は前作「彼女が消えた浜辺」が全くピンとこなかったのだが、
今回は大ヒット。
これはアカデミー賞も獲りますわ。

と思ったら現在、新作が公開中。イランではなくフランスで撮ったのか……必ず観よう。
http://thepast-movie.jp

うーん、良かった。

たしか友人の佐藤みっちゃんが前から絶賛していたんだけど、
これ観た?って聴きたい人がたくさんいる。
名嘉さんあたり、観てるかなあ。



なんか今週は、人から、あの役者さん紹介してとか、誰かいいスタッフいない?とか相談されることが多かった。
そういう時ってあるよね。
皆、僕にもオファーしてくれていいんだよ。

他に観た映画、

川島雄三監督の「風船」と「幕末太陽傳」。
幕末~は落語に詳しいともっと面白いんだろうな。

図書館で借りた川島監督本を二冊、並行して飛ばし読みしてるけど、洒脱な人だったんだなあ。

ロウ・イエ監督の「ふたりの人魚」「スプリング・フィーバー」「パリ、ただよう花」。
「ふたりの~」は本当によくて、あとの二本はセックスしすぎ。

「スプリング・ブレイカーズ」。
期待してたのとは違ったけど、ひたすらにビキニ、(大きい)おっぱい、(大きい)尻、ビーチで乱痴気パーティー、そして銃、という映画。
誰もがどこかで憧れてしまう刹那的なイメージをそのまま形にしたような。
単純だから、何も考えずに海に行ってパーティーしたくなった。
ただ、海でパーティーって、日本だと湘南辺りのなんかDQNな感じになってしまうけど、アメリカは画になりますね。
本当にこういう世界ってあるのかな。

「ビッグ・リボウスキ」。
コーエン兄弟ははまる時とそうじゃないのがあって、これは好きなとこもあるけど???だったけど、
観終わって特典映像とかメイキングとか観て、
公開当時は観客も同じような反応で、
後にカルト的な人気になったと知って納得した。
たしかに、ふとした時にまた観たい感じ。
コーエン兄弟の独特の会話、間合い、笑いは憧れる。

しかしまあ、「別離」。これに尽きる。
なんとなくインプット寄りの期間になってて、焦りもあるけど、この一本をこのタイミングで観れただけでも良しとする。
調べたら監督は10歳年上。
撮ったのは38歳頃。
あと六年で俺もこれくらい書けるようになれるだろうか……。

僕は基本的には、現実の日々の暮らしが楽しければいいのにと思い、
その実、リアルが全く充実しないことを嘆く、
人間として、作家として実に腑抜けた者ですが、
こういう、心を揺さぶる物語に出逢うと、
物語を創る人間の端くれとして、
ここまでの物語を創ることができたら、これにまさる充実は無いだろうな、とも思うのでした。

今週もお疲れ様でした。
スポンサーサイト

2014/4/14~20

2014年04月24日 14:32

また忘れてメモ書き程度。

◆4/14(月)
基本、家にいた。

◆4/15(火)
青山円形劇場にてナイロン100℃「パン屋文六の思案」観劇。
岸田戯曲、またやりたくなった。
東京に来ていた女優Q(この人の場合はイニシャルトークの意味が無い)の接待を兼ねて。

◆4/16(水)
「愛の渦」観る。
高円寺でNさんたちと飲む。定期的にやりたい。

◆4/17(木)
突然の鼻炎の発作。
浮間ベースで「ラブストーリー」観てバッタリあったAと王将。
浮間舟渡のモスで観劇前に台本のこと考えたりしてたんだけど、
近くの席に座っていた女性が、明らかに演劇関係の人で、見たこと?挨拶したこと?手伝って頂いたこと?ある気がしたんだけど思い出せなかった。
挨拶すべきだったらごめんなさい。
浮間ベース、とても面白い空間。俺もやってみたい。

◆4/18(金)
秘書ちゃんと赤坂でおしゃれイタリアンランチ打合せ。

◆4/19(土)
村上春樹「女のいない男たち」買ってしまって、近所のバーに行ってほぼ一気読みした。
一年前の「色彩を持たない~」の時も同じことをした気がする。
村上春樹気取りか、という気もするけど、バーで読書、というのは不思議なほど集中できる。
いつもカウンターから離れたボックス席に座らせて貰うし。
小説はとても良かった。
ところどころ今の自分と変なリンクをしている気もして、
でもそういう風に思わされること自体が、優れた作家、素晴らしい作品なのだと思う。

あ、ロマラブのDVD、だいぶ前にできてたんだけど、俺は今日受け取った。
まだ観てない。

◆4/20(日)
読んだり考えたり。


あと、絲山秋子「末裔」などを読み、
川島雄三監督「しとやかな獣」観てそのかっちょ良さにしびれ、図書館で川島雄三監督についての本を借りたりした。
日本のこの時代の、こういう尖ったブラックコメディとかサスペンスをたくさん観たいんだよな。
他に何があるだろう。

インプットと人に会ったメモみたいになってる。
まあいいや。

あ、あと試しに購読してみたcakesで大量の記事を読んだ気がする。

今週もお疲れ様でした。

2014/4/7~13

2014年04月15日 00:54

六週間分一気に更新⑥。最後。

◆4/7(月)
馬場でTくんと飲み。
久しぶりに話せて良かった。
いきなりイニシャルトーク再開、意味ない。

深夜に脚本のアイディア思いつく。

◆4/8(火)
思い悩む。

夜は秘書ちゃんと久しぶりの打合せ。
話せて色々落ち着いた。感謝。

◆4/9(水)
TSUTAYAで漫画を大量に借りる。

大阪でインハー精算会があったようでLINEグループが鳴りやまない。
仲良しですねえ。

◆4/10(木)
馬場でJマネージャーと久しぶりの打合せ。

俺、今までは当て書き派だったし、そこそこ得意なつもりだったし、自称キャスティングの天才ていうのもほぼそういう意味なんだけど、あと当て書き=愛みたくも考えてる節もあるけど、

「脚本家として成長したかったら当て書きではなく、キャストを決める前に脚本を書き上げるべき」

という意見もあるという話をする。

たしかに、「当て書きは俳優さんに失礼」という脚本家の方もいる。

ちょっと考えよう。

夜はガチゲキ観劇。
Mrs.fictionsの中嶋くんの新作。
今回はシェイクスピアのロミジュリを題材に。
さすが、という切り口。
俳優さんも良かった。
頭が下がりました。
良かったなあ。
観劇後、バッタリ会ったW君と中華屋で飲んで帰宅。

◆4/11(金)
神楽坂で飲む。

◆4/12(土)
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」観る。
ずっと見逃しててようやく観れた。

◆4/13(日)
思い悩む。

夜はアマヤドリ観劇。
仁さんと飲む。



基本、思い悩むか企画を考えるか執筆(の前の段階のシンキング)か飲むかという感じ。

今年のスケジュールが変わってしまって決まらず困ってたり。

うーん。

覚えてる範囲のインプットメモ。

「早春スケッチブック」を見ている。

漫画「海月姫」がとても面白い。

絲山秋子「忘れられたワルツ」読んだ。たしかに、文学の最先端、という感。

あ、普段は公演終わると俳優さんと個別に連絡取ったりってあんまりなくて、
特に俳優の方から連絡くることってほぼ無いけど(俺だけ?)、
インハーの人たちからはちょくちょく個人LINEが来る。

時間できるのでブログくらいはまた定期更新しよう。できるかな。

今週もお疲れ様でした。

2014/3/31~4/6

2014年04月15日 00:26

六週間分一気に更新⑤。

◆3/31(月)
千秋楽。

シェアハウスを出て、天王寺で皆へのプレゼントを買って小屋入り。
いいとも最終回。
楽屋でワンセグで見せて貰う。電波悪かったけど。
アフタートークはiakuの横山さん。ありがとうございました。

そして劇場にて打ち上げ。
大入りで、半分以上の方が泣いていて、なんというかあんな打ち上げは初めてだったかもしれない。
正直、僕個人としては反省も多かったけど、
参加者一人一人、そしてプロデューサーの笠原さんにとって特別な公演になったようでそれは嬉しい。
座組みの仲良くなり方も凄かったなあ。

三十代女性を描くのは予想以上に難しくて、俺で良かったのか、これで良かったのか、という思いはありましたが勉強にも経験にもなりました。

打ち上げは朝まで頑張るつもりが気づいたら寝てた。

◆4/1(火)
打ち上げあけ。
数名でスーパー銭湯からのご飯からの桜を見ながら歩く。
その後、鳥井ちゃんと難波でたこ焼き食べて、初めて心斎橋にも行って、夜はかのうとおっさんと対談。
「IN HIS THIRTIES」という乗っかり企画をやって下さるので。

対談したお店の女性が「IN HER THIRTIES」観て下さっていて、三十代で結婚して子育てしながら働いてる方で、その方が作品に凄く共感したと言って下さって嬉しかった。

そのままご自宅に泊めて頂く。

四月かあ。

◆4/2(水)
朝一で失礼して、奈良の三輪山へ。
由緒あるパワースポット。
パワースポットなんて何も関係なかったんだけど、ウィークリーマンションでたまたまテレビつけたらやってて、なんか気になって、それを笠原さんに言ったら「呼ばれてるんだよ」とのことだったので。

山そのものがご神体。
神聖な場所なので水分補給以外の飲食も撮影も厳禁。
上り下りで二時間強。
大人でも杖を借りないときついくらいの勾配。汗だく。
行って良かったと思います。

その後、京都に移動してインハーメンバー数人と嵐山で桜を堪能&飲む。
忘れられない時間になる。

結果的に大阪、奈良、京都とその桜を満喫。

京都駅まで送って貰って、さよなら。
新幹線で東京へ。
一か月の関西滞在、終わりました。

大切な友達がたくさん出来ました。
ありがとう。
こう書いていると寂しい。
もっと出来たし、もっと色々な時間を共有すれば良かったな。

そして改めて、呼んでくれた、何から何までサポートしてくれたプロデューサーの笠原さんに深く感謝。敬礼。

また大阪でやらせて貰おう。
ツアーだけじゃなく、滞在制作も。
呼んでね。

◆4/3(木)
ぐったりしてた。

◆4/4(金)
アナと雪の女王見る。

◆4/5(土)
中野で昔のバイト先の友人と飲む。
某監督とばったり。

◆4/6(日)
映画「東京戯曲」観る。

◆今週の写真

スーパー銭湯帰りに大阪の桜と。
2014-04-08_R.jpg

鳥井ちゃんとたこ焼き。
2014-04-01 162940_R

かのうとおっさんと対談。撮影:嘉納さん。
2014-04-01 220948_R

大阪には、だしだけ売ってる自販機があった。
2014-04-01 233427_R

パワースポットの帰り道で見かけた。一人で行ってしまった。
2014-04-02 130749_R

嵐山。行ったのは十年ぶりくらい。
2014-04-02_R.jpg
2014-04-0_R.jpg



東京帰って来てからの方が記憶が薄い。

インハーについてはちゃんと振り返ろうかと思ったけど、サイトや以下の方々のブログの方が雰囲気伝わるかな。

http://inher30.net/

http://yaplog.jp/oreno-ana/archive/1460

http://qchic.com/?p=2211

今週もお疲れ様でした。

2014/3/24~30

2014年04月14日 23:36

六週間分一気に更新④。

◆3/24(月)
ウィークリーマンションの退去をして、小屋入り。
仕込みは完全にお任せして、楽屋で執筆。ようやく両チーム完本。お待たせしました。
夜は稽古。
劇場泊。

あ、大阪では基本的に、劇場入りするとケータリングのご飯を出して下さるのですが、
今回はすべて秋津さんの手作り。
劇場が広いので、炊事道具を大量に持ち込んで、まるで給食のような雰囲気。
この食事に僕は小屋入り中、感動し続けることになった。
劇場で手作りの温かいご飯が食べられるって本当に素敵。
(普段、東京でやる時は、母が何度か手作り料理を差し入れてくれて、それも有り難い。)

◆3/25(火)
劇場稽古。
難波のゲストハウス泊。
の前に、鳥井ちゃんと焼肉。
タンにつけるレモンが心底美味しく感じられるくらいには疲れてた。

◆3/26(水)
両チーム場当たり。

◆3/27(木)
両チームゲネ&初日。
あけたー……!

◆3/28(金)
二日目、両チームソワレ。
の前に髪を切る。鳥井ちゃんの誕生プレゼント買ってから小屋入り。
三重文の松浦さんご来場。感謝。
終演後、この日がなんと30歳の誕生日の鳥井ちゃんを皆で盛大に祝う。
と思ったら、一番最後に鳥井ちゃんから皆へのプレゼント、サプライズ返し。できる子だ。

「IN HER TWENTIES 2013」は本番中にちきちゃんが30歳の誕生日だったな。

◆3/29(土)
三日目。両チーム共にマチソワ。僕にとっては四ステージ……疲れた。
スーパー銭湯に行って数人で劇場泊まったのはこの日のはず。
夜、合宿みたいな変なテンションだった。

◆3/30(日)
四日目。両チーム、マチネのみ。

アフタートークでdracomの筒井さんと初対面。ありがとうございました。
東京から立花さんが来て下さる。
立花さんに
「上野君の作品て、今まで恋愛とかコミュニケーションとかがテーマかと思ってたけど、
一番本質的な部分は、孤独とか空洞なのかもね」
と言われる。
その通りかもしれません。
今回みたいに、自分とは離れた作品だからこそ、そういうのが浮き立つのだろうか。

その後、筒井さん、立花さんやオケピのYさんも迎えて皆で串カツ飲み会。

更にこの日は、鳥井ちゃんのお友達のシェアハウスに泊めて頂く。
これが大阪滞在終わり間近でのハイライト。
夜まで語り合って本当に楽しかったな。
なんか、ここのところ思い悩んでいたことに、少しだけ風穴が空いた気もした。
またお邪魔したい。

◆今週の写真

鳥井ちゃん誕生祝い。
この人数が常に劇場にいてワイワイやってたんです。
大阪期間中、鳥井ちゃんとは一番喋った気がする。
今回が成功だとしたら、鳥井ちゃんが担ってくれた部分もかなりデカい。
一緒にやれて本当に良かった。
親友だと思ってます。
誰にも似ていない独特の魅力がある。不思議な子。彼女の発言もアクションもリアクションも興味深い。
また一緒にやろう。
20140328_02_R.jpg

シェアハウスにて。
2014-03-31_R.jpg



とにかく初日あけて良かった。
本番は良いですね。
座組みはとにかく仲良し。

今週もお疲れ様でした。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。