class="plugin-on date-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パーティーが始まる」アフターイベント情報解禁!

2010年07月31日 00:53

「パーティーが始まる」各回アフターイベント情報解禁です!

DJ来たりBAR開店したり梅舟とバイオリン弾いたり糸井さんと喋ったり新良さんと巨乳について語り合ったりします!遊び来て!

初日まで四日!まもなく!

ご予約お待ちしております↓
http://ticket.corich.jp/apply/20662/uen/

■3日(火)19:30 終演後

・TOKYO PLAYERS COLLECTION旗揚げ&佐藤佐吉演劇祭2010オープニングナイト
DJ:福原冠(国道五十八号戦線)

TOKYO PLAYERS COLLECTIONの旗揚げと演劇祭のオープニングを記念して、終演後に乾杯を行います。
乾杯のご挨拶は演劇祭実行委員長の玉山悟氏、そして会場を盛り上げてくれるDJは、国道五十八号戦線所属で俳優・演出家・DJとマルチに活躍中の福原冠氏です。

始まりの始まりの夜、是非遊びに来て下さい!

■4日(水)19:30 終演後

・「パーティーが始まる」PLAYERSとのアフタートーク(予定)

■5日(木)14:30 終演後

・「パーティーが始まる」PLAYERSとのアフタートーク(予定)

■5日(木)19:30 終演後

・BAR「SWIMMING TRUNX」開店!
&プチ花火大会(予定)

BAR「SWIMMING TRUNX」とは……舞台監督・藤田有紀彦氏がバーテンを務めるスペシャルBAR。
店名は主に、数年前まで劇団競泳水着の公演においてアフタートーク中に開店していたことから、「競泳水着」の英訳に由来する。
藤田氏の繰り出すスペシャルカクテルを飲んで、パーティー気分を盛り上げに来て下さい!

以下、藤田氏より予定メニューについて↓

スペシャルカクテル
真夏の開催ですので、トロピカルカクテル、アメリカ南部的な物を
いくらか用意できたらと思っています。

 マタドール
 バカルディ・レモンソニック
 オールドファッションド
 セックス・オン・ザ・ビーチ
 サザン・スパークル
  (\400~\500)

ビールはよく冷えた小瓶でそのままお出しします。



★尚、「SWIMMING TRUNX」は6日(金)・7日(土)の19:30終演後にも開店します。

また、公演期間中は花火大会に行けないPLAYERSは、劇場近くの公園で花火を楽しみます。

■6日(金)19:30 終演後

・上野友之&梅舟惟永(ろりえ)によるバイオリンユニット「梅之(仮)」のデビューイベント①

上野友之と、親交の深いろりえ所属の女優・梅舟惟永嬢がお互いに幼少時より習ったまま放置していたバイオリンでタッグを組み、「パーティー」をテーマに演奏会&小芝居をやります。
今のところ、パーティーに紛れ込んだオーケストラメンバー二人のラブストーリーになる予定です。

★同時にBAR「SWIMMING TRUNX」開店中です。美味しいドリンクと共にバイオリンの調べと小芝居をお楽しみ下さい!

梅舟惟永嬢プロフィール↓

血液型:B型

東京出身。現在「ろりえ」・「zacco」所属の女優として活動中。
上野友之とは、劇団競泳水着への客演がこれまでに計四回と親交が深い。

尚、二年前の佐藤佐吉演劇祭2008においては、劇団競泳水着の「真剣恋愛」にて最優秀助演女優賞を獲得。

http://rorie.jp/top.htm

■7日(土)14:30 終演後

・「糸井幸之介氏と、個人と創作について語り合う」

世界の片隅にいる、作家未満の少年が物語り始めるまでを煩悩満載で描く「パーティーが始まる」。

FUKAIPRODUCE羽衣にて作・演出・音楽を担当し、唯一無二の劇世界を創作し続ける糸井幸之介氏をゲストにむかえ、上野友之が個人的に無条件に尊敬出来る数少ない演劇人の一人である糸井氏と、個人と創作の関係について、妄想について、そして人が物語を物語るという根源的な欲求について、物腰柔らかの糸井氏の懐に入り込むつもりで突っ込んで話します。

討論テーマ

・全ての始まりは、作家の妄想
・個人と創作とその先
・物語る為の純粋な動機、不純な動機



■7日(土)19:30 終演後

・「新良エツ子氏と巨乳について語り合う」

男子の妄想をカラフルに描く「パーティーが始まる」。

そして妄想の極北と言えばずばり「巨乳」。
男子も、そしても女子も興味尽きず、同時に常に謎に包まれている「巨乳」について、スペシャルゲストとして小劇場の巨乳代表として名高い女優&歌手の新良エツ子氏をお招きし徹底的に語り合います。
上野友之が演劇を始めた時に共に活動していた女性が、偶然にも新良氏の地元の親友と言う縁も手伝っての今回のゲスト決定。

この夜のアフタートークは胸の谷間という妄想の世界に落ちたまま永遠に終わらないかもしれません。

★同時にBAR「SWIMMING TRUNX」開店中です。美味しいドリンクと共に魅惑のトークナイト、是非お楽しみ下さい!

討論テーマ

・男子から、女子から見た「巨乳」
・「パーティーが始まる」出演女優から新良氏への質問「唐揚を食べれば胸が膨らむのは本当か(仮)」
・巨乳という武器


新良エツ子氏プロフィール↓

血液型:B型
身長:158.5cm
BWH:90・60・90(Hカップ)
趣味:アニメ鑑賞、ブログ更新、料理、読書、海外旅行

名古屋出身。元、関西の劇団「兎町十三番地」の看板女優(09年5月公演をもって解散)。
現在はデス電所の作曲家・和田俊輔とのユニット、「妄想ミュージカル楽団てらりすと」で、一人ミュージカルを展開中。全楽曲の作詞・歌唱担当。
大阪と東京を中心に、ミュージカルや舞台・ライブ・ゲームソング・CMソング・子供ミュージカルの歌唱指導など
歌唱力を活かした様々なジャンルで活躍する傍ら、ナレーション・グラビア・ストレートプレイなどジャンルにこだわらず、日本以外にも台湾・北京などアジア各地へ活動の場を広げている。

最近の出演舞台
2010年 柿喰う客「露出狂」作・演出 中屋敷法仁

CD
2003~2008年 【ひぐらしのなく頃に】イメージDVD「なかない君と嘆きの世界」
シリーズ中5曲が、カラオケJOYSOUNDにて配信中
2008年~ 【うみねこのなく頃に】イメージDVD「なかない君と嘆きの幻想」現在も活動中2008年 兎町十三番地「Bon appetit」、「Attention!!!」
2010年 てらりすと 「そうそううつうつしてらんない」、「人デナシノ唄」

http://etsuraku.otaden.jp/

■8日 14:30 終演後

・上野友之&梅舟惟永(ろりえ)によるバイオリンユニット「梅之(仮)」のデビューイベント②

6日に引き続いて、上野友之と梅舟惟永嬢によるバイオリンユニットが、「パーティー」をテーマに演奏会&小芝居をやります。
内容が6日と同じかどうかはまだ未定です。

バイオリンの調べと小芝居をお楽しみ下さい!

■8日 18:30 終演後

・「パーティーが始まる」クロージングナイト(開始時間・詳細は未定)
スポンサーサイト

残り一週間!

2010年07月27日 04:40

「パーティーが始まる」、初日まで一週間、改めて公演情報です。

稽古は佳境、お客様とお会いできるのが本当に楽しみです。

ご来場お待ちしております!



TOKYO PLAYERS COLLECTION  
GAME 1

佐藤佐吉演劇祭2010 オープニング作品

「パーティーが始まる」

TOKYO PLAYERS COLLECTION(略して「トープレ」)、第一章。

いつかやがて物語を書き始めるかもしれない、しかし今はまだ何者でもない、一人の少年がいる。
彼の脳内では、ある「パーティー」のオープニングが待たれている。
招待客は、いつか語られるかもしれない物語たち。

しかし彼は、自分の退屈な日常をただ眺めては、そして無数の映画や漫画に触れては、断片的な妄想を繰り返すだけ。

一方の現実世界では、一人の少女が、彼に、ある「パーティー」の招待状をもたらそうとしている。

果たして、彼の脳内の「パーティー」は、無事にオープニングを迎えることが出来るのか。
そして彼は少女に出逢い、退屈を抜け出して、現実の「パーティー」に参加することが出来るのか。

―2010年の夏ど真ん中、佐藤佐吉演劇祭2010のオープニングを飾るGAME1は、「まだ何者でもない誰か」と「物語」を巡る、
極々個人的で、でも世界を射程に入れたい、そんな「パーティー」の、始まりです。

「ハジメマシテ」と「サヨナラ」を両手に持って、会場にてお待ちしております。

■脚本・構成・演出
上野友之(劇団競泳水着)

■出演
金丸慎太郎(国道五十八号戦線/贅沢な妥協策)
清水久美子
泊ヶ山まりな
富永茜
富永瑞木
原田紀行(reset-N)
前園あかり(バナナ学園純情乙女組)
村上誠基(柿喰う客)
渡邉とかげ(クロムモリブデン)

■スタッフ
舞台監督:本郷剛史
照明:兼子慎平(LaSens)
音響:田中亮大
衣装:飯田裕幸(Ponnn clothes)
宣伝美術:立花和政
WEB:徳橋みのり(ろりえ)
制作:会沢ナオト(劇団競泳水着)
協力:ASSYU JAPAN イマジネイション 柿喰う客 クロムモリブデン 劇団競泳水着 国道五十八号戦線 贅沢な妥協策 バナナ学園純情乙女組 reset-N
企画・製作:TOKYO PLAYERS COLLECTION

■公演場所
王子小劇場(「王子」駅より徒歩5分)
http://www.en-geki.com/map.html

■公演日時
2010年8月3日(火)~8月8日(日)
3日(火)19:30★
4日(水)19:30
5日(木)14:30★・19:30
6日(金)19:30
7日(土)14:30・19:30
8日(日)14:30・18:30

受付開始は、開演の45分前、開場は、開演の30分前です。

※各回終了後、各種イベントやアフタートーク、BARの開店等を予定しております。詳細は随時WEB上で発表致します。

■チケット
前売:2300円
当日:2800円
★初日割引(3日19:30)・平日マチネ割引(5日14:30):2000円
中高生(各回限定・要予約):1800円
シニア(65歳以上・各回限定・要予約):1800円

■ご予約(上野友之扱い)
http://ticket.corich.jp/apply/20662/uen/

■稽古場日誌
http://partybegins.jugem.jp/
出演者でつづる「稽古場ブログ」日々更新中!!

■TOKYO PLAYERS COLLECTIONとは
脚本家・劇団競泳水着主宰、上野友之の個人ユニット。
その都度、お気に入りのPLAYER達に声をかけては、好きな時に各地に出没します。
東京で、世界で、一緒に遊びましょう。
15 Minutes Made vol.8での短編上演を経て、このたび、本格的に動き出します。
略す時は「トープレ」でお願いします。

■CoRich「パーティーが始まる」情報ページ
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=15416

■お問い合わせ
メール:
tokyoplayers@gmail.com
電話:
090-6000-3959(アイザワ)
03-3911-8142(※公演期間中)
WEB:
http://tokyoplayers.com

■ご挨拶

人生二度目の旗揚げ公演の機会を頂いてから、何か新しい、楽しいことがしたいと、とりあえずやってみたいことを書き出すと、全くまとまりがつかなかった。
だから、断片的に思いついたそれらの物語を、可能な限り全て、「登場」させてみることにした。
物語を「創作」するのではない。舞台上に「登場」させるのだ。

具体的には、作家になるかもしれない少年が出てきそうだ。
そして彼が初めて物語を書き出すまでの、退屈で他愛も無く時々惨めな、何よりミニマムで極々個人的な半生と、彼の脳内が描かれる予感がする。
それはもしかしたら、嘘ばかりの半自伝的な物語になるかもしれない。

ところで、世に数え切れないほど存在する「作家が登場する作品」や「物語がテーマの作品」の多くは、だいたいが自家中毒や自己陶酔に陥っていて、一言で言えば失敗作が多い、気がする。(自分の経験も含めて。)

それでもやってみようと思うのは、そうすることでしか見えない景色があるのではないかと思うからだ。

ちなみに、「パーティーが始まる」は完全にタイトル先行である。
このタイトルを思いついた時には、作品の構想は1%も無かった。
その後、方向性が少しずつ見えてきて、もっと相応しい他のタイトルも考えた。
でも結局、「パーティーが始まる」から変わることは無かった。
要するに僕は、演劇とか脚本とか出逢いとか別れとか人生とか愛とか絶望とか、そういう諸々含めて、この夏にパーティーがやりたいんだと思う。
ので、何度も連呼してすみませんが、パーティー、やります。自分では、ほとんど行ったことも無いのに。
正直なところ、どうなることやらわからない。
でも言ってしまえば、どんな公演だってパーティーだって、やってみるまでうまくいくかどうかなんてわからないのだ。

ひとまず、こんな感じなのに、素敵なPLAYERの面々が集まってくれました。
とても嬉しい。頑張ります。

あとは、こんな感じに付き合ってくれるお客様のご来場をお待ちするのみです。
お会い出来たら、本当に嬉しい。
ご縁がありましたら、何卒よろしくお願い致します。

TOKYO PLAYERS COLLECTION 代表
上野友之

そういえば、と言うか

2010年07月24日 13:45

ブログに書き忘れていましたが、「パーティーが始まる」は無事に完本し、稽古したり、稽古場でゴキブリを撃退したり、それ以外の時間は主に女子達が「上野友之向け恋愛講座」を開いてくれたりしている。
僕に彼女が出来る日も近いかもしれない。

中でも、くーちゃん(清水久美子)には恋愛指南から髪型、服装までアドバイスを貰う日々。
髪切って良いか普通にくーちゃんに相談メールしたりした笑

あ、くーちゃんっていうのはとてもノリの良い美女で、この人です。
これはシリーズ化する予定のグラビア風サービスショット↓

100722_2030~001


そういう諸々の様子は是非稽古場ブログをのぞいて頂きたい↓
http://partybegins.jugem.jp/

あ、もちろん稽古時間は超真剣にやってます!

完本したし、今日から丸々一週間は広い固定の稽古場でやりたい放題、

舞台美術(というか今回は舞台美術さんはいないのだけど、舞台と客席の設営の仕方)も決まりこれまたパーティー使用、とても楽しみな感じで(客席も面白いですよー今回)、

ちなみにそれを考えてくれたのはほぼ舞監の本郷さんで、何もわかっていない僕にスタッフさんが独自に色々活躍してくれて僕は「おー凄い!」と感嘆するだけなのはいつも通り、「PLAYERS」には役者だけでなくスタッフさんもバッチリ含まれてます、

で、腎炎にて静養していた前園あかりは無事復帰、復帰初日から元気に大騒ぎ、あとは柿喰う客終わりのまーくんの正式合流を待つばかり、通しは3~4回予定、

台本に関しては奇妙な言い方だが、人生で一番苦労無く楽しく書き、同時に最も自分がイメージする「創りたいもの」を創ることが出来る予感に満ちている、不思議な感じ。

だから、とても自分で納得出来ているので、どんなご意見でもしっかり向き合える気がしている。(ただ、褒めてくれなくても良いからお客さんが楽しんでくれたら非常に嬉しいのは正直なところ。)

というわけで、俄然勝ちに行く気満々なわけだが、

勝つの前提の上で、それより更に大切なのが、自分達もお客様も存分に楽しめることで、

それは作品だけでなく公演全体の話でもあり、

どうやったら皆様に楽しんで頂けるかについてはわりと真剣に考えている。

そろそろアフターイベントの詳細や受付、開場、本番、終演後のおもてなしの仕方も考えていきたいな。

もっぱらの悩みと言えば、大好きな人達の公演がかぶっていて観に行けないことと、文化祭の稽古に参加出来ないことだなー。

あとは、他団体でも知り合いでもちょっとパーティーっぽいことをやってると勝手に対抗意識を燃やしてしまうことか笑

あ、ところで、今回の座組みの感じが何かに似てると思ったら思い出した、2003年の劇団競泳水着の旗揚げ公演の時ともちょっとは似てるけど、あの時俺の演劇経験ゼロで、直前とか仕込みとか初日とか死ぬほどバタバタしたし切羽詰りまくりだったからその点は全然違って、

それよりも近いのが、今現在の劇団競泳水着の劇団員が初めて顔を合わせた記念すべき公演、2007年の劇団競泳水着「改訂版・別れても好きな人」だ。
作風も今までの中ではこれが一番近いかもだし、何より初顔合わせ同士なのにやたら仲良くなって稽古場でも笑ってばかりいた気がする。
俺もこれで演劇やめるかもとか思ってたから何より楽しむの優先だった気がするし。
そして、だからこそ、余計な力を抜いた分、本当に様々な発見があった。

あの感じか。
それに自分の経験値が増してるわけだし。
今回は今回で最高素敵座組みだし。
楽しいはずだ。

ちなみに「パーティーが始まる」では在庫減り出してる「改訂版・別れても好きな人」のDVDを大々的に物販する予定です。
宜しければお買い求め下さいー。

というわけで引き続きご予約絶賛受付中です!
劇団競泳水着をご覧になったことがある方にも是非是非観て頂けたら嬉しいです。
特に、「そして彼女はいなくなった」と「女ともだち」の印象が強い方には尚更!

よろしくお願いいたします!
http://ticket.corich.jp/apply/20662/uen/

全力でご自愛を!

2010年07月21日 01:18

クロムモリブデンの森下兄さんのツイートを勝手に転載させて頂く!

本当にその通り!

僕も、真夏でテンションだだ上がり、ほぼ楽しいことしか無く精神的なストレスは限りなくゼロに近い毎日であっても、今日の午後、一時的にくらっとする感じで眠りに落ちてしまった。

暑いのは楽しいが、しかし体力を奪う暑さであることは間違いない。

ちなみに、トープレでかなり重要な役を担うバナナの前園あかりちゃんが腎炎でダウン……あわわー超お大事にー。

大事には至らぬようだが、絶対安静&早期復帰を祈るのみ。

というわけで、兄さんのツイート↓

元気があればなんでも出来る!元気がなければなんにも出来ない!! みんな、無理はしても無茶はするな。だって気温が体温超えてるんだぜ?君が思ってるより早く君はバテる!いつもより食べろ!いつもより寝ろ!まじで!!

勝手に感謝

2010年07月20日 07:16

今からちょうど二年前、劇団競泳水着で「真剣恋愛」や「プリンで乾杯」などを創っていた時は、本当に台本が遅くて、本番直前の自分はずっとノイローゼ状態で、演出を含めたやるべきことに全く手がつかず、周りに多大なる迷惑をかけた。

自分自身も、四六時中台本への不安やプレッシャーで息苦しく、普通の生活もままならないのでは、という時も多かった。

台本以外のことは全て放置、メールの返信なんかもほぼ出来なかったりした。

今は少なくとも、「台本でノイローゼになる」、ということが無い。

こだわるポイントが全然変わったし、本当にやるべきことは何なのかも多少はわかってきたと思う。

稽古場にも毎回行くし、だいたい笑っていることが多い。

毎日ちゃんと眠るし、台本以外のこと、日常生活に関する作業、色んな人との連絡なんかもそこそこ出来てる(連絡は相変わらず遅いですが……すみません!)。

正直言って、二年前の自分とは、創作面に関してはほぼ別人なのではないか、とすら思う。

じゃあその結果作品はどうなったかと言うと、少なくとも「女ともだち」まではということになるが、確実に質や密度が増して来ていると思う。

当時の作品が全然駄目だったということではもちろん無いが(「プリンで乾杯」などは特に今でも褒めて頂くことがある)、自分含めて関わる人々の余計なストレスも大幅に軽減出来ているのではないかと思う。

ちなみに今年に関して言えば、いつも時間が無かったはずの二年前より更に多い、新作5本を創っている。

少なくとも自分にとってはだが、余計なプレッシャーにさらされていては書けるものも書けない。
ということがよくわかった。
出来るだけすっきりとした頭で落ち着いて執筆に向かうのが一番良いようだ。

駄目な時は寝るなり、人と会って話すなりする。

あと、一度書いてみたものを、駄目とも思い過ぎず、良いとも過信し過ぎず、人の意見も聴きつつ冷静に見極めること。

あとは一回一回の稽古に、わいわいすること含めてしっかり取り組む。

そういう今の自分の状態で過去の作品に取り組めていたら、きっともっともっと上質の物を提供出来ていたのでは、と、それは普通に本当に反省。

(まあ、あの色々切羽詰った状態だからこそ滲み出た何か、とかもあるはあるんだろうけど、懐かしくは思うが今はもういらない。他で勝負出来る。)

で、こういう自分に変化したのは、もちろん自分で考え方を改めたり発見したこともあるが、援助してくれる家族や、過去の自分を見捨てずに協力してくれた周りの方々、そして何よりやはり、劇団競泳水着を劇団化したこと、そして劇団員の存在が一番でかいんだな、と、昨日トープレの現場で衣装ポンちゃんと話したりしていて強く思った。

これは完全に自慢だが、普段は「友達がいない」等と言ったり嘆いたりもするが、少なくとも現時点で、自分は確実に人に恵まれている。
少なくとも、そう確信出来る。

有り難い。

そういう感謝の念もこめながら、「パーティーが始まる」、創ってます。

これは、半分以上は自分の話だ。

基本的には、二十歳前後で初めて脚本を書こうと思った頃のことを思い出しながら書いている。

今、周りで一緒にやっている皆と知り合うずっとずっと前の話だ。
サークルも何も入ってなかったし、本当に、演劇関係の知り合いなんて一人もいなかった。

ご都合が合えば、皆に観て貰えたら本当に嬉しい。

どんな感想でも良いから、劇場で会えたらただただ嬉しい。

そして、今までの劇団競泳水着を見守って下さっているお客様にも来て頂けたら、これは完全に嬉しい。

本当は、皆さん全員無料ご招待したいくらいなんだけど、それは正直無理なんだけど、宜しければご来場お待ちしております。

そして、しかし、やはり今の自分は恵まれ過ぎているし、プロとしては甘っちょろ過ぎる部分も多いと思う。
本気で生き残る為には、時には過酷な環境や精神的プレッシャーにも耐えられる体力も必要だろうし、まずは自分が売れないことには、皆に本当の意味での恩返しも出来ないはずだ。

精進しよう。

が、とりあえず、トープレは真剣にやりつつ、ただひたすら楽しいです笑

写真はトープレ現場に合流してくれた金丸君と、ずっと男一人で稽古場を支えてくれてた原田さん。
原田さん、男子が来て普通に嬉しそうだったな笑

「パーティーが始まる」のPLAYERSも、間違いない素敵メンツだ。もう今からありがとう。

100719_2126~001

夏本番!稽古!

2010年07月19日 08:16

なんだか「パーティーが始まる」の稽古が楽し過ぎて、せっかくだからブログにも書いてみるか。

昨日はトニー(=富永瑞木)が借りてくれた南千住の施設にて稽古。

正直、荒川区と言うだけで勝手なイメージを抱いていたが、駅におりたった瞬間にとてもお洒落な駅前にイメージを一新される。

そして稽古場の建物が飲食店もマンションも入ってる複合施設みたいになってて、とりあえず新しくて綺麗ででかい!

100718_1358~001

で、空は超快晴、気温も上がりまくりで夏本番、駅集合の時点で軽くリゾート気分のPLAYERS↓

100718_1359~001

で、稽古場自体も清潔だし、トイレも綺麗だし女子に大好評↓

100718_1539~001

なぜか一緒に煎餅を食べようとする前園あかり&清水久美子↓

100718_1539~002

あと毎回のアップは、競泳水着と同じように「印象深いこと」をそれぞれ話し(この時点でひと盛り上がりだし、だいたい誰かこのアップの目的を忘れて暴走し出すし)、その後「アップ隊長」を決めて、それぞれ知っているゲームとかを持ち寄るんだけど、昨日は競泳水着でもたまにやる「文字当て」を、クロムよりとかげちゃんが教えてくれて大盛り上がり。

で、上野はどのチームに入っても一勝も出来ず、逆に原田さんは全勝。ちょっと本気で悔しかったです。というわけで明日も引き続きこのゲームをやることになった。その模様↓
http://partybegins.jugem.jp/?eid=10

それにしても、今回の座組みの仲の良さは本当になんなんだろう。

この短期間で。本当に一瞬だった。

毎度のことながら楽しいメンバーを集めた自分も凄いとは思うけど、やっぱり座組みなんて完全に相性だから、一人一人は良い人でも盛り上がらない時は全然盛り上がらないだろうし。

「女ともだち」の時は最終的に凄く仲良くなったけど、もうちょい緩やかにだった気がするんだけど。そこはやっぱり稽古期間の差かな?長期間の稽古だったら逆に最初から仲良くなり過ぎるとどこかで飽きたり停滞したりするかもだしな。

人と人の相性や出会うタイミングというのは本当に不思議なものだ。縁としか言いようが無い。

まあでも、おれ自身が楽しんでいるというのも結構でかいかもな。

とりあえず自分としては二現場連続で皆さん仲良しでついてます、今年の夏は。あ、まあその前までも基本、和気あいあいとやって来たんですけどね。

昨日も稽古場で30分もガチのシモネタで盛り上がりまくり。(男1+女5で)

あと二週間しか無いって言ってるのにー!笑

しかし今回の座組みのシモネタは、本当にガチというか深いというか、笑いに笑った上でちょっと考えさせられると言うか、そもそも出会って一週間程度の人達がなんでここまで赤裸々に語り合ってるんだという感じ。

あ、真面目に、真剣にやってますよ!ちゃんと。

しかし「女ともだち」前後から改めて思うのは、演劇の稽古において大事なことはオンとオフの切替というか、何ならオンとオフの切替すらいらないのかもしれなくて、

要するに「納得のいく、良い作品」が出来上がれば良いわけで、

そこにいくには例えば

楽しい稽古+ほぼ毎晩の飲み会→良い作品

かもしれないし、

超綺麗な稽古場+長期間の稽古期間→良い作品

かもしれないし、

でもそれらはその時その時の条件であって、間違っても

長く辛く苦しい執筆期間+ピリピリとした稽古場の雰囲気→良い作品

が絶対必要条件なんかじゃないということで、まあ「長く辛く苦しい執筆期間+ピリピリとした稽古場の雰囲気」の結果にすんげー良い作品が出来上がることもあるだろうが、じゃあ常にそれが必要というわけでは絶対無い。

あ、「台詞を覚える」とか「各自、良いプランを練って稽古場に持ってくる」とかそういう最低限の個人の努力は大前提としてね。

上野、お前は何を今更当たり前のことを言ってるんだ?という感じかな。

すみません!暑さで頭が楽しくなっているのかもしれません!

いやー、とにかく今回は少なくとも俺は絶対楽しいし、あと座組みの皆も楽しんでくれると思う。

あとは何よりお客様に楽しんで頂かないとなー。

そこは本当、死に物狂いでやります!

が、本当、どう受け取られるのか全くわからない!

とりあえず「女ともだち」とは全然違う感じです!

宜しければ、ご予約お待ちしております↓
http://ticket.corich.jp/apply/20662/uen/

さて、今日も同じ稽古場、いよいよ範宙遊泳(面白かった)終わった金丸君(範宙遊泳で大活躍!)も合流する。
更に楽しみでしかないぜ。

「パーティーが始まる」公演情報

2010年07月17日 01:35

というわけで、残り約二週間、「パーティーが始まる」公演情報です。

もうなんと言ったら良いかよくわからないが、とにかく色々ぶち込んでいる。

妄想とかアイディアがわいてきてそれをキーボードを打つ手が必死に追いかけるような書き方をしている。

ここ最近の脚本の書き方とは全く違う。

要するに、たぶん、自分をそのまま注いでいる。今の時点は。

ここから、9名のナイスなPLAYERSにどんどん託しまくっていきたい。

正直言って、どうなるのか、そしてどう受け取られるのか、全くわからない。

ただ、観に来て下さるなら、ただただ本当に嬉しい。

どういう感想であっても、たぶん嬉しい。

言ってしまえば、観に来て下さる皆様と、そして観には来れないけれどどこかで生きている全ての方々に、勝手に、一方的に、超わがままなラブレターを書くようなつもりでやっています。



TOKYO PLAYERS COLLECTION  
GAME 1

佐藤佐吉演劇祭2010 オープニング作品

「パーティーが始まる」

いつかやがて物語を書き始めるかもしれない、しかし今はまだ何者でもない、一人の少年がいる。
彼の脳内では、ある「パーティー」のオープニングが待たれている。
招待客は、いつか語られるかもしれない物語たち。

しかし彼は、自分の退屈な日常をただ眺めては、そして無数の映画や漫画に触れては、断片的な妄想を繰り返すだけ。

一方の現実世界では、一人の少女が、彼に、ある「パーティー」の招待状をもたらそうとしている。

果たして、彼の脳内の「パーティー」は、無事にオープニングを迎えることが出来るのか。
そして彼は少女に出逢い、退屈を抜け出して、現実の「パーティー」に参加することが出来るのか。

―2010年の夏ど真ん中、佐藤佐吉演劇祭2010のオープニングを飾るGAME1は、「まだ何者でもない誰か」と「物語」を巡る、
極々個人的で、でも世界を射程に入れたい、そんな「パーティー」の、始まりです。

「ハジメマシテ」と「サヨナラ」を両手に持って、会場にてお待ちしております。

■脚本・構成・演出
上野友之(劇団競泳水着)

■出演
金丸慎太郎(国道五十八号戦線/贅沢な妥協策)
清水久美子
泊ヶ山まりな
富永茜
富永瑞木
原田紀行(reset-N)
前園あかり(バナナ学園純情乙女組)
村上誠基(柿喰う客)
渡邉とかげ(クロムモリブデン)

■スタッフ
舞台監督:本郷剛史
照明:兼子慎平(LaSens)
音響:田中亮大
衣装:飯田裕幸(Ponnn clothes)
宣伝美術:立花和政
WEB:徳橋みのり(ろりえ)
制作:会沢ナオト(劇団競泳水着)
協力:ASSYU JAPAN イマジネイション 柿喰う客 クロムモリブデン 劇団競泳水着 国道五十八号戦線 贅沢な妥協策 バナナ学園純情乙女組 reset-N
企画・製作:TOKYO PLAYERS COLLECTION

■公演場所
王子小劇場(「王子」駅より徒歩5分)
http://www.en-geki.com/map.html

■公演日時
2010年8月3日(火)~8月8日(日)
3日(火)19:30★
4日(水)19:30
5日(木)14:30★・19:30
6日(金)19:30
7日(土)14:30・19:30
8日(日)14:30・18:30

受付開始は、開演の45分前、開場は、開演の30分前です。

※各回終了後、各種イベントやアフタートーク、BARの開店等を予定しております。詳細は随時WEB上で発表致します。

■チケット
前売:2300円
当日:2800円
★初日割引(3日19:30)・平日マチネ割引(5日14:30):2000円
中高生(各回限定・要予約):1800円
シニア(65歳以上・各回限定・要予約):1800円

■ご予約(上野友之扱い)
http://ticket.corich.jp/apply/20662/uen/

■稽古場日誌
http://partybegins.jugem.jp/
出演者でつづる「稽古場ブログ」日々更新中!!

■TOKYO PLAYERS COLLECTIONとは
脚本家・劇団競泳水着主宰、上野友之の個人ユニット。
その都度、お気に入りのPLAYER達に声をかけては、好きな時に各地に出没します。
東京で、世界で、一緒に遊びましょう。
15 Minutes Made vol.8での短編上演を経て、このたび、本格的に動き出します。
略す時は「トープレ」でお願いします。

■CoRich「パーティーが始まる」情報ページ
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=15416

■お問い合わせ
メール:
tokyoplayers@gmail.com
電話:
090-6000-3959(アイザワ)
03-3911-8142(※公演期間中)
WEB:
http://tokyoplayers.com

■ご挨拶

人生二度目の旗揚げ公演の機会を頂いてから、何か新しい、楽しいことがしたいと、とりあえずやってみたいことを書き出すと、全くまとまりがつかなかった。
だから、断片的に思いついたそれらの物語を、可能な限り全て、「登場」させてみることにした。
物語を「創作」するのではない。舞台上に「登場」させるのだ。

具体的には、作家になるかもしれない少年が出てきそうだ。
そして彼が初めて物語を書き出すまでの、退屈で他愛も無く時々惨めな、何よりミニマムで極々個人的な半生と、彼の脳内が描かれる予感がする。
それはもしかしたら、嘘ばかりの半自伝的な物語になるかもしれない。

ところで、世に数え切れないほど存在する「作家が登場する作品」や「物語がテーマの作品」の多くは、だいたいが自家中毒や自己陶酔に陥っていて、一言で言えば失敗作が多い、気がする。(自分の経験も含めて。)

それでもやってみようと思うのは、そうすることでしか見えない景色があるのではないかと思うからだ。

ちなみに、「パーティーが始まる」は完全にタイトル先行である。
このタイトルを思いついた時には、作品の構想は1%も無かった。
その後、方向性が少しずつ見えてきて、もっと相応しい他のタイトルも考えた。
でも結局、「パーティーが始まる」から変わることは無かった。
要するに僕は、演劇とか脚本とか出逢いとか別れとか人生とか愛とか絶望とか、そういう諸々含めて、この夏にパーティーがやりたいんだと思う。
ので、何度も連呼してすみませんが、パーティー、やります。自分では、ほとんど行ったことも無いのに。
正直なところ、どうなることやらわからない。
でも言ってしまえば、どんな公演だってパーティーだって、やってみるまでうまくいくかどうかなんてわからないのだ。

ひとまず、こんな感じなのに、素敵なPLAYERの面々が集まってくれました。
とても嬉しい。頑張ります。

あとは、こんな感じに付き合ってくれるお客様のご来場をお待ちするのみです。
お会い出来たら、本当に嬉しい。
ご縁がありましたら、何卒よろしくお願い致します。

TOKYO PLAYERS COLLECTION 代表
上野友之

「女ともだち」化するパーティー

2010年07月16日 00:58

「女ともだち」についてまとめる暇も無いままだが、たまにはブログにも書こう。

今日のトープレ稽古は、偶然にも女性キャストのみ全員集合となったわけだが、

女優のみ

稽古場も同じ

そして皆仲良し

ということで、一瞬「女ともだち」かと錯覚した。

メンバーも作風も全く違うのですがね。

しかしこの人達、顔合わせてから三回くらいしか稽古してないのにやたら仲良し。

稽古期間が短く短期集中なだけに、仲良くなるのもハイスピードというわけか。

恐るべき女子力。

今日はお互いの尻の硬さを確かめ合ったりしてた。

早くも盛り上がっている稽古場ブログだけでもなんとなく雰囲気が伝わるのではと思う↓
http://partybegins.jugem.jp/

僕が撮った写真。アップのニョキニョキニョッキ漫画編で盛り上がる女子達。

この座組みはアップのゲームもいつもやたら全力で楽しんでる。

さすが選りすぐりのPLAYERSだぜ。

100715_1906~001

もちろん絶賛ご予約受付中↓
http://ticket.corich.jp/apply/20662/uen/

「パーティーが始まる」が始まる

2010年07月10日 23:41

劇団競泳水着「女ともだち」のまとめを書いていて途中なのにアップしてしまっていた。

それはまた書くとして。

TOKYO PLAYERS COLLECTION (トープレ) 「パーティーが始まる」、稽古やら稽古場ブログやらチケット予約やら開始してます!

こちらもまた詳しく情報載せますが。

予約ページ(上野友之扱い) http://ticket.corich.jp/apply/20662/uen/

稽古場ブログ http://partybegins.jugem.jp/

WEB http://tokyoplayers.com/

「パーティー」にちなんで、役者に「参加してみたいパーティー」と「参加したくないパーティー」についてアンケートをとったところ、男女一人ずつ、「参加してみたいパーティー」に

乱交パーティー

と答えた、そんな素敵座組みです。

残り三日

2010年07月04日 10:29

劇団競泳水着「女ともだち」、残り三日です。

5日(月)14:30には追加公演もあります!

全員ベストキャスト、七人の女ともだち達を観に来て下さい!

http://ticket.corich.jp/apply/19357/uen/

最近全く写真を載せていなかったが久しぶりに。

僕が本番を観れなかった時に、開演前に美子ちゃん&淳子ちゃんが送ってくれた写真。

この二人も女ともだち。

可愛いですね。

TS3R0076.jpg


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。