class="plugin-on date-area">

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナカフラ

2010年05月29日 23:37

しまった、先日観に行った、次回客演の斎藤さんの所属劇団・中野茂樹+フランケンズさんの案内を載せようとせっかく写真も撮ったのに気づいたら明日までだ!

皆様、宜しければ是非↓
http://frankens.net/

偶然一緒だった梅舟の携帯で撮って貰った写真。
あ、スイカはたまたまこの日の終演後に観客に配られたのです。
二人ともファンみたいだ。(二人とも演出家と共演者です、次の。一応。)

特に梅舟は完全に片想いの人みたいになってて、この写真以外にも斎藤さん一人の写真とか色々あったから頂戴よって言ったら

「これは私のだから駄目です」

みたいなこと言われた。
ので、詳しくは梅舟ブログを↓
http://yaplog.jp/rorie_ary/archive/157

終演後は梅舟と渋谷でさし飲み。
なぜかカップルシートみたいな隣がけの席で、センター街の夜景を眺めながら色々話した。

斎藤さんは次の稽古から競泳水着に本格合流。
とても楽しみ。

あとこの日は早めにアゴラに着いてしまって、東大キャンパスに潜入して学食で台本書いたり生協の本屋で立ち読みしたりした。賢い気分になった。
また行きたいが、どうして大学というのはああも甘酸っぱ切ない気分になるんだろう。

ちなみに駒場までも自転車移動でした。
もう、晴れればどこまででも行けるぜ。この日は帰り土砂降りだったけど。

2010052621090000.jpg

2010052621090002.jpg
スポンサーサイト

美女とチラシ

2010年05月25日 10:42

というわけで昨日、柿喰う客「露出狂」を観に行ってとても面白かったわけなのですが、終演後の鏡割イベントでお酒を頂き軽く酔っ払って、なぜか勢いで、出演されていた美人女優さんたちに出来たばかりの劇団競泳水着「女ともだち」チラシと一緒に写真を撮って頂きました。

同じく女だけ公演、同じく友情がテーマというのも何かのご縁ということで。

どっちが美人が多いかなー……人間、顔だけじゃないさ!

100524_2136~001

改めて、我らがホソキョン(細野今日子)。

100524_2217~001

新良エツ子さん。初対面の時は酔っ払ってらしたのでただの酒飲みかと思ったら、舞台上では芝居も歌も最高だった。
隣はキリンバズウカのトヨネン。

100524_2142~001

ホソキョンと佐賀モトキさん。黄金世代!

100524_2147~001

100524_2151~001

岡田のあがさん!この写真、ちゃんと本人の許可撮ってます。
いやー、今回のあがさんは本当に面白かったし新境地だろう。観て良かったマジで。

100524_2153~001

熊川ふみさん(範宙遊泳)。こんなに可愛いのに舞台上では本当にパワフル。凄い。

100524_2155~001

中屋敷大先生(年下)。

100524_2209~001

佐藤みゆき嬢(こゆび侍)&山本真由美嬢。
おいおい本当に皆可愛いな。

100524_2225~001

100524_2224~001

トヨネンに襲われる赤羽ちゃん(制作)。
劇場に行って赤羽ちゃんに会えるとマジほっとする。本当いい子。

100524_2226~001

アイドル、右手愛美さん。ねえ本当、皆可愛すぎるって。

他にもまだまだいらっしゃいましたが、残念ながら写真はこれだけ。

てなわけで、久しぶりのファンブログ終了!

柿喰う客のご予約はこちら(細野今日子扱い)→ http://chibicco123.jugem.jp/?eid=244

あと、先に載せちゃうけど劇団競泳水着はこちらね!もう予約出来ます!(上野友之扱い)→ http://ticket.corich.jp/apply/19357/uen/

宮嶋さん

2010年05月25日 02:17

チラシと言えば、今回のDM作業、客演なのに宮嶋さんが手伝ってくれた!

美子(よしこ)ちゃんという名前の宮嶋さん、本当に優しくて素敵なんだけど話してみるとなんとも面白くて独特で懐が深くて、なんというかとにかくオファーして良かったーという感じ。

実は上野が演劇を始めた頃から一方的に知ってたりして出て頂くの感慨深い。

ただ、先日始めたばかりのブログをやたらとおしてくるので、ここでも紹介してみよう↓
http://blog.goo.ne.jp/ysk_myjm_146cm

本チラ出来た!&柿喰う客!

2010年05月25日 01:20

・劇団競泳水着「女ともだち」本チラシが届きました!

早くも好評。

100524_2136~001

柿喰う客を観に行った際に細野さんに持って貰ってとりました。

わかるかな?

横長サイズなのです。

ちなみに細野さんは「女ともだち」出ないんだけどね。

本チラシは今週からの柿喰う客、また北京蝶々に折り込まれます。王子小劇場に置きチラもしました。

今回のチラシモデルは大川翔子です。

・そして柿喰う客本当に面白かった!ツイッターをそのまま転載すると

柿喰う客面白かった!今までは「かなわない……」とか凹んでたけどそれすら通り越して普通に面白くて普通に観客として楽しんで鏡割イベントで酒飲んで酔っ払った。あれはもはやアトラクションですね。

てな感じです。

東京公演は31日まで。是非ー。あ、いつものことながら上野友之は柿喰う客さんとは一切の利害関係はありません。

でも劇団員の細野さんは出てます。

というわけでここから予約すると細野さん扱いになるようです↓

http://chibicco123.jugem.jp/?eid=244

あとなぜか、柿喰う客出演の美女達に、「女ともだち」チラシと一緒に写真を撮らせて貰ったので許可がおり次第アップします!

・てか、「女ともだち」予約開始してるんだ!柿喰う客の宣伝してる場合じゃなかった。

次の記事で詳細アップします、たぶん。

日々

2010年05月20日 22:40

なんか悩む暇も無く日々何かに追われているのはきっと良いことだが、

そんな中でも削ってないぜ睡眠時間だけど、

いつか時間を追い越せる人間になりたいと思いつつ、

「女ともだち」、まもなくチケット発売です。

BRUTUSのポップカルチャーの教科書特集を買った。

表参道で打ち合わせ、高円寺で稽古があって、早稲田→表参道→高円寺を自転車で移動したが意外と近かった。

早稲田→表参道なんて30分。

ちなみにママチャリ。

これから夏に向けてチャリ乗っていこう。

雨は降らないで頂きたい。

どんなに忙しい時でも、一日のどこかに映画と読書の時間はとらないといけないというのが年々強くなる実感、危機感。

「女ともだち」が始まった

2010年05月16日 01:50

・はっきり言って、劇団競泳水着「女ともだち」は無事に稽古初日を終えた。

やるしかない。

お楽しみにしていて下さい。

・5月は行きたい芝居がたくさんある。

でもスケジュールやら売り切れやらで全然行けない。

本当に申し訳ないのだが、本当に行きたいと思っているのです。

皆様ごめんなさい。

・生まれて初めてサブウェイに行った。

以降、三日通った。

なぜこれだけ生きてきて今までサブウェイをスルーし続けてこれたのかとあまりにも謎だった。

だいたい、早稲田駅前にあるじゃないか。

どうやったら十年間あれをスルーし続けられるんだ。

これほど野菜を欲している俺なのに。

しかし俺はこういうことがよくある。

生活スタイルや通るルートがあまりに保守的なのかもしれない。

もしかすると、我が家の近隣数100メートルには死ぬほど楽しいスポットや店がまだまだあるのかもしれないし、僕の気づいていないすぐ近くに、めちゃくちゃ可愛くてしかも僕と付き合ってくれる女の子もたくさんいるのかもしれない。

短い人生、後悔せず経験出来る物事は取りこぼしたくない。

皆さんはサブウェイに行く時に野菜多めにしますか?その時に多め、って言いますか?二倍、って言いますか?

身の回りの演劇人にも(女ともだちに出てくれる甘粕ちゃんも)サブウェイで働いてる人がいて、サブウェイマスターもいて、色々聴いてより攻略していきたいと思っている。

「女ともだち」が始まる

2010年05月08日 01:40

6日のことだが劇団競泳水着第十三回公演「女ともだち」の顔合わせでありました。

……女だけだ。女しかいない。

まあそういう話をやると決めたのは自分なのだが。

女の子が多いのは嬉しいけど、女の子しかいないのはなかなかハードだ。

でなくても今回、踏ん張りどころだと思った。

なんというか、15MMも含めると2010年新作五連発のちょうど真ん中、ということをのぞいても、この「女ともだち」でどこまでいけるかで上野友之の後半生が決まると言っても過言ではないくらいの気持ちで臨みたいと思う。

ちなみに「女ともだち」は、あの人とあの人を出会わせることが僕の裏テーマだったがそれは既に達せられつつある。そういう意味でも歴史に残る公演になることだろう。

早速ガーリーな稽古場ブログも始動している。基本的には女子しか更新しないことになるだろう→ http://woman-friend.jugem.jp/
簡単な公演情報



劇団競泳水着 第十三回公演
「女ともだち」

海辺の町。
若き女性たちは出会い、別れ、そして再会する。
貴女は私の、大切な「女ともだち」。
劇団競泳水着初、女性キャストのみの本公演。
初夏の爽やかな潮風に乗せてお届けする、ハートフルストーリー。

脚本・演出 上野友之

2010年6/30(水)~7/6(火)

下北沢・「劇」小劇場

予約開始日:2010年5月25日(火)

■出演

大川翔子
川村紗也
(以上、劇団競泳水着)

甘粕阿紗子(カムヰヤッセン)
梅舟惟永 (ろりえ)
斎藤淳子(中野成樹+フランケンズ)
藤原よしこ(ブルドッキングヘッドロック)
宮嶋美子



今日くらいは写真も載せておこう。

梅舟↓

100506_2055~001

梅舟とやるのはいつだって非常に楽しみなのだが、実はNOT BAD以来、一年以上ぶり。

翔子と仲間達↓

100506_2134~001

翔子とやるのだって、実はPRIFIX以来、一年ぶり。

皆々様よろしくお願いします。

かわむら

2010年05月06日 02:40

そういえば、劇団競泳水着の劇団員の川村がブログで15MMのトープレのことを褒めてくれて、実際観終わった後も褒めてくれて、初日だったし僕としてはとても嬉しかったし感謝もしているんだけど、

けれども、

本人も書いてたけど、彼女はトープレのあの作品を見て、かなり重要と言うかそこわかってないと何もわからなかったのでは?という部分を全く理解していなかったみたいで、でも作品は凄く良かったと言ってくれて、

ちなみに言うと時間堂の作品に関しても、彼女は褒めつつもあの重要なポイントを理解しないまま観終わったようで、

それぞれの具体的なポイントをここに書くのは、えっ川村さんって……、ってなるからやめとくけど、

今まで僕の中で、劇団競泳水着内で比較的に台本の読解が苦手な女優さんといえばだいたい細野さん(久しぶりに会ったらつるつるして可愛くなってた)だったんだけど、

ここに来て川村もちょっと並んだと言うか、

あ、細野さんは今回はトープレも時間堂もちゃんと理解した上で観てくれたみたいで、

まあ要するに川村に関しては、

その審美眼(センス)は自分に近いものがあるし、ある面では自分より上だし(昔、競泳水着で佐吉賞をとった時の衣装は、クレジットは劇団だったけど実際は川村)、というわけで引き続き信頼しつつ、

読解力に関しては……

という感じでいこうと思う。

いや、嘘です。たぶんあまりにもまっさらな気持ちで、一観客として観てくれたんだと思う、15MMは。

役者としては、初見の本読み段階で既にあらゆる解釈を考慮しちゃえるタイプだと思う、きっと。

そんな読解力抜群の川村も出る劇団競泳水着第十三回公演「女ともだち」、日付変わって本日、顔合わせ。

だー

あー

台本ー

終わったー&曲名

2010年05月03日 14:45

15 Minutes Made volume8、無事に終了致しました!

楽しかったー!楽しいことしか無いような公演だった。

Mrs.fictionsの面々、スタッフさん、他団体の皆様、ご来場頂いたお客様に心より御礼申し上げます。

公演全体が盛り上がって本当に良かった。

お客さんの反応も見事にわれて、各団体へも賛否両論、しかし企画自体は好評という感じでやりますねMrs.fictions。

書きたいことはやまほどあるが、次の劇団競泳水着が迫っているのでいつ書けるやら。

とりあえず上野は残り半年で新作三本を脚本・演出する予定なので引き続き頑張ります。全て全力投球。

ちなみにトープレに関しては、何をやるかかなり迷って苦しみもしたが、最終的には上野が自由に楽しくやる、ということしか考えずに創った作品で(でも半自伝ですあれは)だからストレスゼロだったけど、そうやって難しいことをあまり考えずに自然に産み出したものを自分で観て、なるほどと思うことも有り、演劇人としての自分の限界を痛感したのが99%、しかし残り1%に可能性を感じたりもしたので、

8月のトープレGAME1ではその1%の可能性を徹底的に追求しようと思ってる。
そういう意味も含めて、お披露目だけでなく、自分にとってある意味お試しの場を頂けたという点でも非常に感謝。
8月も含めて、トープレ、あと二回は確実にやります。

100502_1209~001

写真は楽日の楽屋でスピッツ談義をするハマカワフミエ&梅舟アリー。

それと、トープレで使った曲を教えて下さいと言うリクエストを頂きました。

「桜坂」以外だと

オープニングとエンディングはこれの三曲目↓

UPHILL CITY REMIXES & COLLABORATIONSUPHILL CITY REMIXES & COLLABORATIONS
(2010/03/17)
アイ・アム・ロボット・アンド・プラウド

商品詳細を見る


交差点のところはこれの一曲目↓

Uphill CityUphill City
(2008/10/28)
I Am Robot and Proud

商品詳細を見る


映像に重ねた曲はこれの二曲目です↓

The City of LightThe City of Light
(2008/08/06)
HASYMO

商品詳細を見る


最後に、今回の公演では本当に楽しく自由に無責任にやらせて頂いたのですが、そんな中で

誘ってくれたMrs.fictionsの今村くん
色んな意味でその存在に助けられた梅舟アリー
アイディアのきっかけをくれた高校の友人佐藤くん

のお三方には最大限の感謝を捧げたいと思います。
そしてもちろんトープレ出演者四名と映像撮ってくれた飯田ポンちゃんにも。
本当にありがとうございました。

演劇同期がいない自分にとって、Mrs.fictionsの面々は勝手に仲間だと思ってます。

さあ次だー

本当はキリンバズウカのトヨネ家で開催されているカタン大会に行きたくて仕方ないがまずは台本。それ次第。

あ、ちなみに、時間堂の本番中にアンサンブルで出た役者がツイッターでつぶやいたことに「失礼」という意見があったらしいけど、僕はそうは思わない。と思いました。

もう最終日

2010年05月02日 01:26

15MM、四日間の公演なので始まったと思ったらもう終わってしまいます。

明日(今日)2日は13時と18時開演です。

まだチケットありますので直前でも宜しければ是非ご連絡下さいませ!

写真はトープレコンビ+澤田シンディー(左)。

100501_2132~001

TOKYO PLAYERS COLLECTION
GAME 0
「TOKYOが始まる」

★15 Minutes Made volume8 参加作品


脚本・構成・演出 上野友之

出演 黒木絵美花 佐藤祐香 富永瑞木 和知龍範


2010年4月29日(木・祝)~5月 2日(日)

@池袋シアターグリーン BOX in BOX THEATER(JR池袋駅東口より徒歩約6分)
東京都豊島区南池袋2-20-4

前売2,500円 当日3,000円(全席自由・日時指定)

日程
5月 2日(日)13:00~/18:00~
(全7ステージ)

他出演団体:時間堂、国道五十八号戦線、PLAT-formance、劇団芋屋、Mrs.fictions


TOKYO PLAYERS COLLECTIONは劇団競泳水着主宰の上野友之が「何か新しい、楽しいことをやりたい」と立ち上げた新ユニットです。
今回、15 Minutes Made volume8への参加がお披露目公演となります。
15 Minutes Madeとは、6つの異なる団体が一堂に会し、それぞれ持ち時間15分の作品を順番に上演していくというイベントになります。
TOKYO PLAYERS COLLECTIONでは、春の季節やお披露目公演に相応しく、東京という街や、「始まり」、「出逢い」についての作品を上演致します。

台本は思いのほか、僕自身の想いやこれまでの東京生活が反映された作品になりました。

私事ながら、先月で東京生活丸十年、この四月から東京での新しい十年が始まりました。

そんな諸々色々な気持ちを込めて創っております。

お忙しいとは思いますが、ご都合つくようでしたら観に来て頂けるととても嬉しいです。
今年のゴールデンウィークは、是非池袋まで足をお運び下さい。
ご来場心よりお待ちしております。

予約方法↓

tokyoplayers@gmail.com

まで、

タイトルを「チケット予約」とし、

①お名前(カタカナでフルネーム)

②人数

③ご希望日時

をメール下さい。TOKYO PLAYERS COLLECTIONからの返信で予約完了となります。

何卒よろしくお願いいたします。

TOKYO PLAYERS COLLECTIONホームページ→ http://tokyoplayers.jugem.jp/
15 Minutes Made volume8(Mrs.fictions)ホームページ→ http://www.mrsfictions.com/nextstage.html


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。